現地時間6月2日(日本時間3日)に2021−22シーズンのチャンピオンチームを決めるNBAファイナルが幕を開ける。イースタン・カンファレンスはボストン・セルティックス、ウエストはゴールデンステイト・ウォリアーズが最終決戦に駒を進めた。ともにリーグ最古の球団で、リーグ創設75周年のシーズンを締めくくるに相応しいカードとなった。

 この2チームがファイナルで顔を合わせるのは1964年以来58年ぶり。この時は5連覇中だったセルティックスが4勝1敗で快勝した。ここではファイナル開幕を前に、優勝回数やファイナル勝敗、優勝経験者など両軍を徹底比較する。

【チーム編】
■優勝回数
セルティックス:17回
ウォリアーズ:6回
 1950〜60年代に前人未踏の8連覇を達成したセルティックスが大差をつけているが、2000年以降ではウォリアーズが3回(2015、17、18)、セルティックスが1回(08)とリード。プロ入りからウォリアーズ一筋のステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンは3回の優勝をすべて経験している。

 現在はロサンゼルス・レイカーズと並んで1位タイのセルティックスは、今回優勝すれば単独首位に浮上。ウォリアーズはシカゴ・ブルズと6回で並んでいるが、頂点に立てば単独3位となる。
 ■ファイナル勝敗
セルティックス:17勝4敗
ウォリアーズ:6勝5敗
 セルティックスのファイナルにおける勝率は81.0%、負けたのは4回(1958、85、87、2010)のみと大舞台で圧倒的な強さを誇る。ただ、ウォリアーズは15年から6年連続ファイナルに進んで3回王座に就いた。主軸のカリー、トンプソン、グリーンは大舞台での戦い方を心得ている。

■今年のプレーオフ成績
セルティックス:12勝6敗
ウォリアーズ:12勝4敗
 セルティックスは1回戦こそブルックリン・ネッツにスウィープ勝ち(4連勝)を収めるも、カンファレンス準決勝はミルウォーキー・バックス、カンファレンス決勝ではマイアミ・ヒート相手に4勝3敗といずれも最終戦までもつれた。大一番を制した経験はファイナルでも生きるだろうが、選手の疲労が心配される。

 ウォリアーズは1回戦のデンバー・ナゲッツ、カンファレンス決勝のダラス・マーベリックス相手に4勝1敗、2回戦のメンフィス・グリズリーズに4勝2敗と、いずれも最終戦までもつれることなくカタをつけた。ホームでは9戦負けなしと圧倒的な強さを誇り、ファイナルでもホームコート・アドバンテージがあることはプラスに働くだろう。
 【選手編】
■永久欠番
セルティックス:23人
ウォリアーズ:6人
 セルティックスの欠番はリーグ最多の23人。メンバーもビル・ラッセル(6)、ボブ・クージー(14)、ジョン・ハブリチェック(17)、ラリー・バード(33)、ポール・ピアース(34)ら豪華メンバーが並んでおり、彼らはいずれもボストンでチャンピオンになっている。

 一方のウォリアーズは伝説の巨人ウィルト・チェンバレン(13)、クリス・マリン(17)、リック・バリー(24)など6人が欠番となっているが、フランチャイズに栄冠に導いたのはバリー1人のみ。それでもチームは、現役のアンドレ・イグダーラとケビン・デュラント(現ブルックリン・ネッツ)を永久欠番にする意向を示しており、カリー、トンプソン、グリーンも欠番入りが濃厚だ。

■現チームの優勝経験者
セルティックス:0人
ウォリアーズ:5人
 前述の通り、ウォリアーズはカリー、トンプソン、グリーンの3人、そして15年ファイナルMVPのイグダーラ、ケボン・ルーニーの5人が優勝しているほか、指揮官のスティーブ・カーもチームを3度頂点に導いている。

 対するセルティックスは0人で、ファイナルも全選手が初出場となる。ウォリアーズの選手は計123試合に出場していることを考えるとその差は歴然だ。セルティックス最年長、35歳のアル・ホーフォードはファイナルに進むまでにプレーオフ141試合に出場したが、これはNBA最多記録だった。
 ■現チームのオールNBAチーム選出経験者
セルティックス:2人
ウォリアーズ:3人
 セルティックスは今季オールNBA1stチーム入りしたテイタムと、11年に3rdチームに選出されたホーフォードの2人。ウォリアーズは今季2ndチームのカリーのほか、トンプソンとグリーンに選出歴がある。

 また、オールスター経験者は、セルティックスがテイタム、ホーフォード、ジェイレン・ブラウンの3人、ウォリアーズは先の3人にイグダーラとアンドリュー・ウィギンズを加えた5人だ。オールディフェンシブチームは両チームとも3人(前者がホーフォード、マーカス・スマート、ロバート・ウィリアムズ三世、後者はグリーン、トンプソン、イグダーラ)だった。

 ちなみに今季レギュラーシーズンの対戦成績は1勝1敗。12月17日のボストンでの初戦はカリーが30得点、ウィギンズが27得点をあげてウォリアーズが111−107で勝利。3月16日の第2戦では、テイタムとブラウンがともに27得点、スマートが20得点を奪い、アウェーのセルティックスが110−88とリベンジに成功している。

構成●ダンクシュート編集部