現地時間6月5日に行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスによるNBAファイナル第2戦は、ホームのウォリアーズが107−88で快勝。初戦こそ落としたものの、これでシリーズ成績を1勝1敗のタイに戻した。

 この試合、ウォリアーズはステフィン・カリーが両軍最多の29得点をマーク。ただ、エースの貢献はオフェンス面だけにとどまらない。チーム最多タイの3スティールを記録したほか、オンボールディフェンスやカバーリングでも見事なプレーを見せるなど、守備面での働きも光っていた。

 かつては弱点として認知されていたカリーのディフェンス。しかし、いまや、その考えは改めなくてはいけないのかもしれない。試合後の会見で、スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)はカリーの守備力をこう称賛した。
 「第3クォーター、ステフはシュートだけでなく、ディフェンスでの努力も息を吞むようだった。彼のコンディショニングやフィジカル、ディフェンスのレベルは十分に評価されているとは言えないね。

 私が初めてここに来た8年前と比べて、ステフの身体は劇的に強くなっている。だから彼は素晴らしいんだ。毎年、自分のゲームやコンディショニングの向上に取り組み続けている。毎晩彼のプレーを観るのが楽しみだよ」

 さらに盟友ドレイモンド・グリーンも、カリーのディフェンス面の成長についてこう語った。

「ここ数年、彼がどれだけボールサイド(のディフェンス)で改善されてきたかを話してきた。これまで、相手チームはすべてのポゼッションで彼をボールマンのディフェンダーにスイッチさせ、そこから攻めようとした。でも、それはもう通用しない。ヘルプが必要なら、俺たち全員が彼の後ろにいる。けれどそれを必要とすることはほとんどないんだ。素晴らしいよ。

 彼がどれほど強くなったのかについても話したことがある。自分のポジションをしっかりと守れるから、(相手に有利な)スポットを奪われることもない。それは俺たちにとっても凄く大きいなことだ。彼がああいうディフェンスをしても驚かないよ。ここ数年、ずっとそうしてきたんだからね」 カリー自身も、ディフェンス面の向上を実感しているようだ。そしてそれは努力の賜物であったことを、試合後の会見で語っている。

「バスケットボールの試合に勝つこと、そして自分の仕事を全うすることという点において、(ディフェンスは)いつも重要視している。キャリアのなかで、時間をかけてフィジカルを向上させてきた。そのために多くの努力を重ねてきたよ。ルーキーイヤーから現在に至るまで、結局のところ常に努力が重要なんだ。身体の限界を乗り越えて、一生懸命に努力すればよくなり続けるのさ」
  攻守にわたる活躍でウォリアーズを勝利へと導いたカリー。8日にセルティックスの本拠地TDガーデンに移動して行なわれる第3戦でも、弱点を克服したエースが両エンドでハイパフォーマンスを披露してくれるはずだ。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】プレーでもルックスでもファンを魅了!NBA史上最高のシューター、ステフィン・カリーの厳選ショット!