2021−22シーズンのNBAはゴールデンステイト・ウォリアーズが2019年以来3年ぶり、ボストン・セルティックスが2010年以来12年ぶりのファイナルに駒を進めた。

 シリーズ開幕前のトピックスとして、セルティックスのアル・ホーフォードがNBA最長の141試合のプレーオフ出場を経て、ファイナルデビューを果たしたことが話題を呼んだ。

 ただNBAの歴史を振り返ると、プレーオフ経験はあるものの、ファイナルに辿り着けずにキャリアを終えた選手も少なくない。ここでは米メディア『Hoopshype』が取り上げたファイナル未出場選手の試合数ランキングを現役編・レジェンド編と分けて紹介。まずはレジェンド編をお届けする。(※チーム名は略称)

■NBAファイナル出場経験のない選手(※オールスター経験者が対象)
9位タイ:ドック・リバース、エディ・ジョーンズ(81試合)
8位:カルロス・ブーザー(83試合)
7位:ヴィンス・カーター(88試合)
5位タイ:シドニー・モンクリーフ、アントニオ・デイビス(93試合)
3位タイ:リッキー・ピアース、ジャーメイン・オニール(97試合)
2位:テリー・カミングス(110試合)
1位:スティーブ・ナッシュ(120試合)
  現在シクサーズのHC(ヘッドコーチ)を務めているリバースは、ニックス在籍時の93年、スパーズ在籍時の95年にカンファレンス決勝に駒を進めるも、93年はブルズ、95年はロケッツに敗れた。ただ、HCとしてはセルティックス時代に2度ファイナルに進み、08年に優勝を経験した。

 ジョーンズもリバース同様、カンファレンス決勝に2度出場。しかしレイカーズ時代の98年はジャズに4連敗、ヒート移籍後の2005年はピストンズに3勝4敗で涙を飲んだ。自身は同年限りでヒートを退団。不運にも翌年にチームは頂点に立っている。

 ブーザーはキャブズでレブロン・ジェームズ、レイカーズではコビー・ブライアントというリーグ史上最高のスター選手と共闘した経験を持つが、この2チームではプレーオフ不出場。ジャズ(07)とブルズ(11)時代にカンファレンス決勝の舞台を味わった。

 元ダンク王のカーターはプロ3年目、01年プレーオフのカンファレンス準決勝の第7戦で決めればシリーズ突破が決まるショットをミス。22年間のキャリアで11回プレーオフに出場したが、カンファレンス決勝の舞台に立ったのはマジックに在籍していた10年の1度きりだった。
  90年代にペイサーズのインサイドを支えたデイビスは94、95年とカンファレンス決勝に進むも敗退、98、99年も同様の舞台で敗れた。奇しくも退団した翌00年にチームはファイナルへ出場している。

 5位タイのモンクリーフを含め、3位ピアース、2位カミングスは80年代にバックスの主力として活躍。当時のチームはプレーオフの常連だったが、同年代に強豪として君臨していたセルティックスとピストンズの壁を破ることはできなかった。

 高卒選手のオニールは96年のデビューから10年連続でプレーオフ出場。オールスターに6度選出と実力はあったが、カンファレンス・ファイナルを戦ったのはペイサーズ時代の1度のみ(04年)。その後在籍したヒートやウォリアーズは自身が退団後に優勝するなど運に恵まれなかった。
  1位は殿堂入り司令塔のナッシュ。MVP受賞経験のあるフロアリーダーは、マブズ時代の03年、サンズ時代の06、10年にファイナルまであと一歩まで迫ったが、03年はスパーズ、06年は古巣マブズ、10年はレイカーズに惜敗した。

 その後14年にユニフォームを脱ぎ、20年からはネッツのHCを務めている。48歳の指揮官はリバースのように、現役時代に進めなかったファイナル出場をコーチとして叶えることができるか。

 10位以下には万能戦士のクリス・ウェバー(80)やナッシュの元同僚アマレ・スタッダマイアー(78)、攻撃型ガードのニック・ヴァン・エクセル(76)がランク。オールスター未経験者では、トゥリー・ロリンズ(93)、ネネ(91)、エディ・ジョンソン(89)、アルトン・リスター(87)、タイロン・コービン(81)がいた。

構成●ダンクシュート編集部