二刀流スターの“あわや大惨事シーン”に現地も思わずヒヤリだ。

【動画】コーデロの折れたバットが…。米記者もヒヤリとした大谷の“あわや大惨事シーン”をチェック

 現地時間6月9日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれているボストン・レッドソックス戦に「2番・DH兼投手」で先発。7回4安打1失点の好投を見せたが、その途中には、折れたバットが大谷の顔面をかすめる危険なアクシデントがあった。

 両チーム無得点で迎えた2回1死三塁の場面、フランチー・コーデロに投じた4球目の99.1マイル(約159.5キロ)直球がバットをへし折ってショートゴロに。三塁走者を本塁でタッチアウトにしたが、打球を目で追っていた大谷に折れたバットがわずかの距離で通過していったのだ。
 一歩間違えれば大怪我に繋がっていたかもしれないこのシーンを受け、“大谷マニア”として知られる米放送局『Fox Sports』のベン・バーランダー氏は、「なんてことだ!」とツイート。実際の映像を共有したうえで、「ショウヘイ・オオタニは、折れたバットが顔面に直撃寸前だった!」と伝えている。

 さらに、『Bet The Bases』の公式ツイッターはこれに反応し、「オオタニはあと少しで丸1年を終えるところだった」とコメント。さらに、米メディア『The Athletic』でエンジェルス番を務めるサム・ブラム記者も、同シーンの映像を掲載し、「オオタニにとって恐ろしい瞬間だった」と呟いていた。

 なお、打っては1点を追う5回の第3打席で、逆転の12号2ランをマーク。大谷にとって“リアル二刀流”での本塁打は、メジャー通算4回目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】66本ペースのジャッジも大谷翔平に敵わない!? “投票権”を持つ米記者がMVPを推挙する理由「明らかに異常な数字だ」

【関連記事】大谷翔平の“意外な一面”を米誌が特集! ヤンキースから加入した同僚が「思っていたよりもはるかに外向的だ」と語った姿とは?