現地時間6月12日、新日本プロレスは毎年恒例初夏のビッグマッチ『DOMINION 6.12 in OSAKA-JO HALL』を大阪城ホールで開催。第4試合ではザック・セイバーJr.&エル・デスペラード&金丸義信の鈴木軍が、NEVER無差別級6人タッグチャンピオンチーム、EVIL&高橋裕二郎&SHOのH.O.Tに挑戦した。

 試合はH.O.Tが入場時の相手チームを背後から奇襲を仕掛けて、いきなり大荒れの展開に。対する鈴木軍はダーティーな攻撃で徹底抗戦する。

 終盤、H.O.Tのマネージャー的な存在であるセコンドのディック東郷がウイスキーを口に含むが、これを察知した鈴木軍の金丸がフロントハイキックで東郷をエプロンから場外に突き飛ばす。ここに咄嗟に割って入ったSHOがキックを炸裂する。

 金丸はこれをキャッチするが、悲痛な叫びを声をあげて悶絶。するとSHOはショックアローを決めてカウント3を奪取。H.O.Tは4度目の王座防衛に成功したが、金丸はSHOの蹴りをガッチリと捕まえており、これで悶絶するのは明らかに不自然。東郷を排除している隙をついてレガースに何かを仕込んだのは明白だった。
  試合後、バックステージでデスペラードは、「試合中だ。1回キャッチに成功しているミドルキック。確かにSHOのミドルキックが危ねえのは知ってんだ。だけどな、1回キャッチに成功しているんだぞ? 直前に成功しているそのキックをキャッチして、なんでノブさんがあんなになんだよ? おかしいだろ」とフィニッシュシーンの不自然さに言及した。

 さらに「試合中、あの状況でチェック出来るレフェリーは誰だ? 無理か。人数を増やすしかねえか? なんかまたチープなトリックでも使ったんだろ」と怒り心頭のデスペラードは、早くもリベンジマッチへの意欲をむき出しにした。

 そんな鈴木軍を嘲笑うかのようにH.o.Tの面々はご機嫌だ。SHOが「これで分かったろ? 楯突く相手はちゃんと選べよ。こういう目に遭うぞ? 分かったやろうな?」と言うと、 裕二郎が「かんぱ〜い!(と言って、缶ビールを一気に飲み干す)。今日はよ、HOUSE of TORTURE が鈴木軍を一気飲みだ」と勝ち誇る。そしてEVILは「オイ、いいか? これはよ、当たり前の結果だよ。全ての頂点は HOUSE of TORTUREの物だ。俺らが何も考えてないと思うか? 全員潰してやるよ。よく覚えておけ」と締めた。

 外国人部隊が舞い戻っているバレットクラブとは対立はしないまでも、一定の距離を保ちながら活動し、暴挙を続けているH.O.T。はたして、傍若無人な彼らを止めるチームは現れるのだろうか。

◆新日本プロレス◆
『DOMINION 6.12 in OSAKA-JO HALL』
2022年6月12日
大阪・大阪城ホール
観衆 6068人
▼NEVER無差別級6人タッグ選手権試合(60分1本勝負)
<王者組>EVIL&高橋裕二郎&○SHO(9分26秒 片エビ固め)ザック・セイバーJr.&エル・デスペラード&金丸義信●<挑戦者>
※ショックアロー

文●どら増田

【関連記事】相手はパッキャオ? 朝倉未来? メイウェザーがRIZINで2度目のエキシビションマッチ実現へ。海外メディアが一斉報道

【関連記事】「格闘技はまだまだマイナー」皇治が抱く危機感! 地上波撤退の余波と天心vs武尊戦を語る「バブルが崩壊する可能性が高い」

【関連記事】新日本が飯伏幸太の契約継続を発表! “ツイート騒動”も木谷オーナー「100パーセントの信頼関係に戻したい」と明言