日本格闘技史に残る「世紀の一戦」を見ようと会場は超満員に膨れ上がった。6月19日、東京ドームで開催されている『THE MATCH 2022』は場内が熱気に包まれる大盛況となった。

 メインマッチとして実現したRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)とK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)という所属団体のエース同士の一戦が大きな注目を集めたビッグイベントは、早朝から大勢のファンが東京ドームへと詰めかけ、その注目度と人気の高さを感じさせた。
  大会を取り仕切る『THE MATCH 2022』実行委員会が発表したところによれば、最大300万円もしたチケットが即完した会場に集まったファンの数は5万6399人にも上り、全15カードを戦ったファイターたちの一挙手一投足を見守った。

 6年前に那須川が対決を公の場で打ち出してから紆余曲折を経て、ようやく実現した武尊との一騎打ちをはじめ、RISEとK-1の団体対抗戦の話題性を物語ると同時に、「日本格闘技史に残る一戦」に値する集客だと言えそうだ。

取材・文●THE DIGEST編集部

【関連記事】「本物の挑戦者か、単なる見世物か」“大物”メイウェザーに挑む朝倉未来に海外メディアは興味津々「極東のセンセーション」

【関連記事】“金の亡者”メイウェザー、朝倉未来とのフェイスオフで2億円を獲得!? 米メディアに仰天契約を告白「俺は必ずたくさん稼ぐ」

【関連記事】「アサクラって誰だよ?」――メイウェザー戦決定後に世界が抱いた“疑問”。これは朝倉未来にとっての好機だ