今週末に行なわれるF1第10戦イギリス・グランプリに向けて、アルファタウリの角田裕毅が意気込みなどを語っている。

 前回のカナダGPでは、パワーユニット交換によって早々に決勝での最後尾スタートが決定したことで、レースに焦点を当てたアプローチが奏功し、またタイミングの良いピットインによって順調に順位を上げてポイント獲得に近づいていたが、2度目のタイヤ交換の直後にコースアウトしてリタイアという失意の結果に終わってしまった。
【関連記事】ガスリーの真の狙いはマクラーレン「リカルドのシート」? アルファタウリと契約延長で、角田裕毅の去就に影響は!?

 この週末について、角田はチームの公式サイトを通して、「初めてのカナダは楽しかったし、この国やモントリオールの街を見て回るのも気に入りましたが、コース上ではまた別の難しい週末となりました」と振り返り、以下のように続けている。

「ペースは良く、前のアゼルバイジャンGPの時よりも良い感じで、パフォーマンスにも満足していましたが、PU交換のペナルティーでそれも相殺されてしまい、難しいレースになることは分かっていました」

「不運にもバリアに当たるまで、レースはうまくいっていただけに、とても失望しました。でも、起こったことはどうしようもないので、新たな教訓を得た経験と考える必要があります。モントリオールのコースは、それまで走ったことがなかったわけだし……」

 またカナダGPの後について、「先週はとても忙しく、まずファエンツァに戻ってフィジカルトレーニングに集中しました。こういうハードスケジュールの中では、極めて重要なことです。その後、サンマリノに向かい、日曜日には『レッドブル・ソープボックス・レース』に参加しました。これまで経験がなかったので、とても楽しく、審査するのをエンジョイしました」と語った彼は、そこから今週末からの2連戦(イギリスGP、オーストリアGP)に向けての準備を行なったことも明かした。

「サンマリノで勝者にトロフィーを授与した後、イギリスに渡り、シルバーストーンとレッドブル・リンクのシミュレーターに集中しました。シルバーストーンのことはよく知っており、2019年にF3で初めて走り、ポイントを獲得できました。F2では2度の週末で4レースを行ない、最初のフィーチャーレースで3位、2度目のスプリントレースでは勝利。そして昨季は10位で1ポイントを得ましたが、大観衆の中でとても素晴らしい雰囲気だったのを憶えています。それに、とてもうまくいったコースという感じです」
  次戦のコースについての印象を語った22歳は、「新しい車で、昔ながらのハイスピードコースを走るのを楽しみにしています。スピードでは昨季よりも車は遅くなっていますが、それに近いラップタイムは出せると思います。アゼルバイジャンGPを基に考えると、今季のシルバーストーンではオーバーテイクは容易になるでしょう」と語り、以下のように意気込みを示している。
 「我々の目標はいつも通り、予選でQ3に進み、日曜日にポイントを獲得することです。これまでの車のパッケージだとレースは苦しいものになると思いますが、フリー走行がトラブルなしにスムーズに進めば、とても助かります」

 イタリアの自動車専門サイト『MOTORIONLINE』は「角田にとっての雪辱のレース。10位以内に入ることは、チームが目標とするコンストラクターズランキング5位を目指す上で重要なことだが、まだ彼が2023年以降の契約をアルファタウリと結んでいないことも忘れてはならない。8月の夏休みを前に、日本人ドライバーは全てのラウンドで全力を尽くす必要がある」と、7月のレースの重要性を指摘する。

 カナダでは珍しい凡ミスを犯したものの、今季は好パフォーマンスを安定して発揮している角田が、伝統のレースで再び軌道に戻り、上昇気流に乗ることができるか要注目である。

構成●THE DIGEST編集部
仲を深める“角田裕毅&ガスリー”に「予想だにしなかった友情」と海外メディアも注目! 「ファンも夢中」

【関連記事】「ガスリーに近づいてきた」角田裕毅の大幅な前進をスタッフが称賛! 本人はレッドブル昇格への強い思いを語る

【関連記事】ペレスのレッドブル契約延長が角田裕毅の立場にも影響!? 伊紙は「間違いなくガスリーを喜ばせない」と報道