シカゴ・カブスの鈴木誠也がついにメジャーの舞台に戻ってくる。

 4月の月間最優秀新人を獲得するなど鮮烈なメジャーデビューを飾った27歳だが、5月26日のシンシナティ・レッズ戦の盗塁時に左手薬指を痛め、故障者リスト(IL)入り。6月30日、傘下の3Aアイオワで実戦復帰するやいなや本塁打で復調をアピール。翌1日は3打数1安打、2日には3打数1安打1打点を記録するなど、3試合連続で結果を残していた。

 現地時間7月4日から始まるミルウォーキー・ブルワーズ戦で復帰を予定するサムライにチームメイトらも喜びを口にしている。17本塁打でチームトップを誇る頼もしき同僚、パトリック・ウィズダムは「彼が戻ってくることは我々にとっても大きな意味を持つ」と地元紙『Chicago Sun-Times』で語っている。

「パワーヒッターが加わること、つまり相手に脅威を与える武器が増えるということ。彼が復帰してくれて興奮しているよ。素晴らしいね。他のチームメイトもわくわくしているよ」
  さらにチームを率いるデビッド・ロス監督は、「スズキがベストな状態になるまでは下位打線に置くなどの調整も必要になるだろう。それでも戻って来てくれてうれしいよ」と口にしたうえで、「少しリズムが崩れたけど、それはどの選手にでも起こり得ることだ」と話す。

 復帰を待ちわびる指揮官は、3Aでのリハビリについては、「あいつは足の踏み込みにしても整合性を見つけようとしていた。フロントサイドはかなり安定しているようだった」と評す。

 新人王とも目されていた鈴木は、久しぶりの大舞台でどのような結果を残すだろうか。4日の復帰戦に期待だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ”たちの厳選フォトを一挙紹介!

【関連記事】鈴木誠也の“レーザービーム”に米地実況も「狙撃したぞ」と熱狂! カブス専門メディアも強肩に「セイヤは何でもできる」と賛辞

【関連記事】メジャーの洗礼!? 鈴木誠也への“不可解ジャッジ”にカブスOBの米解説者が激怒!「セイヤは日本で首位打者になったんだぞ」