7月19日、フィギュアスケーターの羽生結弦が東京都内で開かれた会見に臨み、第一線から退く意向を表明。今後はプロスケーターとして新たな道を歩んでいく決意も語った。

【北京五輪PHOTO】羽生結弦が『春よ、来い』で優雅に舞う! エキシビションならではの笑顔&ビンドゥンドゥンと戯れる姿も

 会見冒頭の挨拶を終えた羽生は、「プロのアスリートとしてスケートを続けていくことを決意しました」と宣言。約150人の報道陣が詰めかけるなか、緊張した様子を見せた27歳は、テレビ、ラジオ各局のアナウンサーや記者の質問に丁寧に答えていった。

 羽生のプロ転向宣言に多くのファンや見識者から反響が相次いだ。Twitter上に「羽生結弦」「羽生くん」「プロ転向」がトレンド入りするなど、様々なコメントで溢れ返ったなか、プロフィギュアスケーターとして活躍し、現在はフィギュアスケート解説者を務める織田信成さんも反応。次のようにメッセージを送った。

「言いたい事多すぎてそちらは後々書くとして、やっぱ羽生結弦はすげぇよ! ほんまにっ! あと心の底からありがとう! あなたが滑る事で沢山の人が救われた気持ちになってたと思います!それはいつも全力で諦めず真摯に、スケートに向き合ってきたから。これからまだまだプロとして楽しみにしてるよ!」
  今後について羽生は「これからは自分のことを認めつつ、自分の弱さと過去の自分と戦い続けながら滑っていきたいと思っております」と意気込むと、続けて「4回転半ジャンプにもより一層取り組んで、皆さんの前で成功させられることを強く考えながら、これからも頑張っていきます」と目標を掲げている。

 夢の実現に向け、羽生の挑戦はこれからも続いていきそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】織田信成さんが投稿した羽生結弦との仲良しショット4連発をチェック!

【関連記事】「まだまだ未熟ですけど」羽生結弦、現役引退、そしてプロスケーター転向を発表!「4回転半ジャンプにはより取り組んでいく」

【関連記事】羽生結弦のコーチが公開した“4回転半ジャンプ”の練習映像が話題に!「凄いの一言」と反響相次ぐ