現地時間7月20日、米スポーツ専門局『ESPN』がスポーツ界の年間表彰「ESPY賞」を発表。ロサンゼルス・エンジェルスに所属する大谷翔平は「最優秀男性アスリート賞」と2年連続となる「ベストMLBプレーヤー賞」の2冠を達成した。

【動画】「とても光栄です」大谷翔平がダブル受賞!サムライの流暢な英語スピーチをチェック!

「最優秀男性アスリート賞」は日本人初となる受賞だ。今年は、大谷の他にステフィン・カリー(NBA)、コナー・マクデイビッド(NHL)、アーロン・ロジャース(NFL)といったスポーツ界の精鋭たちがノミネートされていた。そのライバルたちをおさえて、大谷がトップに輝いた。名誉ある賞を受賞した28歳は、ビデオメッセージを寄せ、英語でのスピーチを披露した。

「候補者の方々、おめでとうございます、皆さんと同じカテゴリーにいることをとても光栄に思います。あなたたちは最高のアスリートです。本当にありがとうございます。アフターパーティーも楽しんでください」

 この大谷の2冠獲得に、エンジェルスの公式ツイッターがすぐさま反応。サムライのバット投げの写真とともに「ベストMLBプレーヤー賞と最優秀男性アスリート賞を受賞したショウヘイ・オオタニさん、おめでとうございます!」と祝福のメッセージを送った。

 さらに、米スポーツ専門メディア『The GIST USA』は、「またしてもショータイムです!ショウヘイ・オオタニがESPY賞で、最優秀男性アスリート賞を受賞しました。エンジェルスのスターは、ベストMLBプレーヤー賞も受賞しており、2年連続のESPY賞を獲得しました!」と喜びの声をあげている。
 「ESPY賞」は米スポーツ専門局『ESPN』が1993年に創設し、スポーツ界で目覚ましい活躍を見せた選手や団体に贈られている。スポーツ界のアカデミー賞とも称されおり、過去には、マイケル・ジョーダンやタイガー・ウッズなどが受賞してきた。そんなスター選手たちと肩を並べた大谷は、これからも様々な分野で注目を集めていきそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「自分自身を表現する方法」大谷翔平が語った“二刀流”への想い。殿堂入りのレジェンドが「本当に感心する」と称賛

【関連記事】大谷翔平が“おしゃれ番長”に!「MVPに相応しい着こなし」グリーン色で攻めたコーディネイトが現地メディアで好評

【関連記事】大谷翔平が“求婚”される珍場面がバズリ中!? 「うちの娘はどうだ?」とアピール→キラースマイルで女性は赤面