現地時間7月26日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれているカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「1番・DH」で先発出場。3回に今季21号となる先制ホームランを放ち、6対0でチームの勝利に貢献した。

【動画】「信じられないほどの偉業だ」大谷翔平が先制弾!チームを勢いづけた21号ソロをチェック

 3回の第2打席だった。一死走者なしの場面で、プロ初先発となった相手ルーキー、アンヘル・ゼルパと対峙した大谷は、カウント2-1からの4球目を完璧に捉える。打球速度109.6マイル(176.4キロ)、角度33度、飛距離420フィート(約128.0メートル)の豪快弾をバックスクリーンへ。3試合ぶりとなる21号中越えソロアーチを放った。

 エンジェルスを勢いづけた大谷の先制弾に現地からも賛辞が止まない。米紙『Los Angeles Times』などに寄稿するサラ・バレンズエラ氏は、「この3つのゲーム(現地24日〜26日)のうち、エンジェルスは2度先制に成功している。今日は、ショウヘイ・オオタニが3回にソロホームランを放ち、チームを勢い乗せた」と称えている。

 さらに、米メディア『Brooklyn Magazine』の記者を務めるケレン・バルガー氏は、「ショウヘイ・オオタニがやっていることは、野球だけでなく、すべてのスポーツにおいて信じられないほどの偉業だ」と驚きをもって報じた。
  前日には、自打球が右太ももに当たり、苦悶の表情を浮かべていた大谷。痛みをまったく感じさせない完璧なパフォーマンスだった。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「これは痛そう」大谷翔平、強烈な自打球で悶絶→激走2塁打に現地識者も感嘆!「やっぱりこの男は違う」

【関連記事】「またしてもショータイム!」大谷翔平が米スポーツ界のアカデミー賞で“2冠”を達成!名誉ある賞の獲得に各界から祝福の声

【関連記事】大谷翔平が“おしゃれ番長”に!「MVPに相応しい着こなし」グリーン色で攻めたコーディネイトが現地メディアで好評