現地時間7月30日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に「1番・DH」でスタメン出場。2点を追う3回無死一、二塁の第2打席では、4試合ぶりとなる逆転の22号3ランを放ち、現地を大いに盛り上げている。

【動画】「ショータイムだ!」大谷翔平の豪快な22号アーチをチェック!

 レンジャーズ先発の右腕グレン・オットーに対して初回の第1打席は、レフトフライで凡退していた大谷。しかし、第2打席で1ボール後の2球目チェンジアップを捉えると、その打球はぐんぐん伸びて右中間スタンドへ。打った瞬間にそれとわかる一発でチームの逆転に成功した。
  これを受け、米メディア『The Athletic』のエンジェルス番であるサム・ブラム記者は、「オオタニが今季22号。3ランホームランだ」とツイート。MLB公式サイトのレット・ボリンジャー氏も、「打球速度108.3マイル(約174.3キロ)、飛距離424フィート(約129.2メートル)」と公式ツイッターでデータを共有している。

 さらに、米放送局『FOX Sports』のアナリストで、稀代の“大谷マニア”としても知られるベン・バーランダー氏は、「ショウヘイ・オオタ二の本塁打22号だ!!!!」と興奮気味に反応したうえで、「彼の防御率は2.80だ」とも言及。「彼は本当に実在するのか?」と驚きを隠せない様子だ。

 なお、試合は4回表を終えてレンジャーズが5対3でリードしている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】大谷よりむしろトラウトをトレードに出すべき? 過去のスーパースター放出例から考える「エンジェルスの今後」<SLUGGER>

【関連記事】オフのFA補強もマッドン監督解任の決断もことごとく失敗。エンジェルスの低迷を招いたミナシアンGMの“失策”<SLUGGER>