乾いた快音とともに、驚異的な一打が飛び出した。

 現地時間7月30日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に「1番・DH」で先発出場。2点を追う3回無死一、二塁の第2打席では、4試合ぶりとなる一時逆転の22号3ランを放った。

 まさに「好球必打」と言える打撃だった。レンジャーズ先発の右腕グレン・オットーに対して初回の第1打席は、レフトフライに終わっていた大谷。しかし、好機で迎えた第2打席でカウント1-0から投じられた2球目を捉えた。

 この時、レンジャーズの捕手ジョナ・ハイムは、外角へのボールを要求していたが、オットーが投じた88.2マイル(約141.9キロ)のチェンジアップはインコースへ。これを大谷は見逃さずにフルスイング。「パッカーン」という快音で打ち出された打球はぐんぐん伸びて右中間スタンドに突き刺さった。
  その後、エンジェルスは打ち合いの末に9対7と勝利。そんなチームの連敗ストップに大谷の2ランが大きく貢献したのは言うまでもない。それだけに現地の記者たちも28歳のサムライに対する賛辞を惜しまない。

 地元紙『LA Times』のサラ・バレンズエラ記者は、特大のアーチで打球速度108.3マイル(約174.3キロ)、飛距離424フィート(約129.2メートル)というデータを記録した偉才を「ショウヘイ・オオタニはベースボールの破壊者だ」と絶賛した。

 まさにボールを破壊するかのような当たりで、かっ飛ばした大谷。その一打に対する反響はしばらく続きそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「彼は実在するのか?」大谷翔平の“強烈な22号3ラン”に米記者熱狂! 打球速度174キロ、飛距離129メートルの豪快弾

【関連記事】グレインキーの息子と大谷翔平の“ほっこり”交流シーンが話題!222勝右腕から大谷へメッセージも「君のプレーを観るのが好きだ」

【関連記事】大谷よりむしろトラウトをトレードに出すべき? 過去のスーパースター放出例から考える「エンジェルスの今後」<SLUGGER>