3年ぶり2度目の“女王奪還”に期待が高まっている。現在、今季メジャー最終戦『AIG全英女子オープン』(英ミュアフィールド・リンクス)に出場中の渋野日向子(サントリー)だ。

【動画】渋野日向子が2位タイで最終日へ! 後半14番でのバーディをチェック

 初日を単独首位でスタートした今大会は、2日目に7位タイまで後退しながらも、3日目の猛チャージで通算9アンダー・2位タイに浮上。首位を走るアシュリー・ブハイ(南アフリカ)とは、現在5打差だが、日本人初の海外メジャー2勝目へ向けて好位置につけている。

 ムービングサタデーでしっかりスコアを伸ばしたこの23歳には、海外メディアも賛辞を惜しまない。なかでも、米ゴルフ専門チャンネル『Golf Channel』は、「ヒナコ・シブノのアシュリー・ブハイを追い詰める鍵、それは風と友達になることだ」とのタイトルで記事を掲載した。
  同記事を執筆したのは、同チャンネルのブレントリー・ロマイン氏。3年前と同じくブハイと最終日最終組を回る渋野について、現在のストローク差を踏まえつつ、「今回、2度目のトロフィーを掲げるには、3年前の最終日より3倍の強さで回らなければならないだろう」と言及している。

 また、今大会は強風下でのプレーとなっているが、残り18ホールに向けて、「風と友だちになりたい」という渋野のコメントに注目。そして記事の最後は、「いま英国での見出しが目に浮かぶ。シンデレラは友だちの助けを借りてブハイを追い抜く」と結われている。

 7日の午後3時50分(日本時間午後11時50分)に最終ラウンドを開始する渋野。はたして日本人初の海外メジャー2勝目を掴み取れるだろうか。逆転勝利に期待したい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】渋野日向子、2022年は米女子ツアーに本格参戦!キュートな笑顔で魅了する“スマイルシンデレラ”の厳選ショットを一挙公開

【関連記事】シンデレラストーリーを駆け上がった渋野日向子がゴルフ界に投じた一石

【関連記事】猛チャージで単独首位の渋野日向子に米記者注目! 天真爛漫なスマイルには「嫌いになるなんて不可能だ」と賛辞