2022年F1世界選手権は、13戦を終えたところで1か月間のサマーブレイクに突入しているが、前半戦でも多くのハイライトシーンが生まれた。

 見る者を大いに沸かせ、満足させた出来事は多々あったが、一方で失望に満ちたネガティブな事象も少なくなかった。イギリスのF1専門メディア『planetf1』は、「2022年前半戦5つの失望」と題した記事で、人々の期待に背くこととなったチーム、ドライバー、出来事を選定している。

【関連記事】英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー、ルクレールらの評価は? ひとつ目に挙がったのは「メルセデス」。昨季、レッドブルと熾烈な争いを演じ、ドライバーの争いでは7度の世界王者ルイス・ハミルトンが最後の最後でマックス・フェルスタッペンの初制覇を許したものの、コンストラクターズタイトルは8年連続で獲得したチャンピオンチーム。しかし、今季は新レギュレーションでのマシン開発に失敗し、ライバルのはるか後塵を拝し、ハミルトンが予選Q1敗退を喫するという衝撃的な場面も見られた。

 それでも、新加入のジョージ・ラッセルは安定した走りで序盤から大健闘し、ハミルトンも「ポーパシング」に苦しめられながらも、徐々に車が改善してきたことでパフォーマンスに輝きが戻り、最後の5戦では連続表彰台を達成。コンストラクターズランキングではフェラーリに30ポイント差のところまで迫るなど、挽回を見せてきたが、同メディアは「まさか13戦を終えて1勝も挙げられないとは、シーズン開幕前に誰が考えただろうか?」と綴っている。

 2番目の失望は「フェラーリ」。レッドブルをしのぐ速さを持つ車を作り上げた「跳ね馬」だったが、予選での強さはなかなかレースまで持続しないのは、ドライバーのミス、マシンの信頼性の欠如もあったが、最もドライバー、ファンにフラストレーションを与えたのは、チームの不可解な戦略だった。

 モナコ、英国、ハンガリーでは、フェラーリのストラテジストがシャルル・ルクレールを失望させ、13戦を終えた段階で、チャンピオンシップ首位のフェルスタッペンとルクレールのポイント差は、もはや絶望的な180にまで広がってしまった。「フェラーリ絡みの様々な要因が、今季のF1からスリリングなタイトル争いを奪い去った。残念なことだが、なかでも戦略面の失敗は最も許しがたい」(同メディア)
  その他では、シーズン開幕前には飛躍も期待されたものの、現時点でランキング9位に沈んでいる「アストンマーティン」、また2016年以来となる、「前半戦の優勝が2チームだけ」という事象に対して、同メディアは「引退を決意したセバスティアン・ヴェッテルが泣かされたのも無理はない。来季、フェルナンド・アロンソが状況を改善することが期待される」「過去40年間のF1の歴史において最大の技術的変革が断行された中で、もっと多くの勝者が見たかった」と、それぞれについて言及している。
  そして最後の失望は「ダニエル・リカルド」。マクラーレンでの2年目においても、チームメイトのランド・ノリスに大きく水を開けられ、このチームでは昨季のイタリアGP(優勝)と今季のオーストラリアGP(7位)ぐらいしか印象的なレースを見せられず、ハンガリーGPで悲惨なパフォーマンスに終わった後、チームから今季限りで契約解除を通達されたとの報道がなされた。

 ちなみに、この項目で同メディアは「今季、ドライバーに関してはあまりガッカリさせられることは少ない」と評したが、その後で「ピエール・ガスリーと角田裕毅らアルファタウリ勢の13レースを、好意的に振り返る者がいるとは思えないが……」と付け加えており、このイタリアのチームがネガティブな前半戦を過ごしてきたことを、暗に示している。

 アルファタウリの2人については、F1公式サイト『F1.com』が各チームの今季前半戦のチーム内対決の結果を報じた記事の中で、レース(角田5勝・ガスリー8勝)、予選(5勝・8勝)、獲得ポイント数(11点・16点)、最高決勝順位(7位・5位)、予選最高グリッド(8番手・6番手)、リタイア(3回・3回)という数字を受けて、「角田は今季、かなり互角の戦いを見せている」と評価したが、「イギリスGPで角田がガスリーに衝突したことで、チームは以降、ハースにランキングで後れをとっている」との指摘も忘れていない。

 ここまで、彼らが全体的にネガティブかつ存在感の薄いシーズンを過ごしていることが、この2つの記事からも窺えると言えないだろうか……。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】角田裕毅のF1残留についてレッドブル顧問は「リストの最上位にいる」と明言! 専門サイトは将来的な「日本人コンビ誕生」も示唆

​​​​​​【関連記事】英国GPで“同士討ち”の角田裕毅に海外メディアからは酷評&最低採点も…「ルーキーですらボスからカミナリを落とされるミス」

【関連記事】【F1】ガスリーの真の狙いはマクラーレン「リカルドのシート」? アルファタウリと契約延長で、角田裕毅の去就に影響は!?