8月11日、プロレスリング・ノアは、横浜武道館でノア最強決定戦『N-1 VICTORY 2022』開幕戦を開催。セミファイナルでは杉浦貴と前GHCヘビー級王者で新日本プロレスの小島聡の約7年ぶりとなるシングルマッチが実現。前回対戦したのは『N-1』の前身である2015年の『グローバルリーグ戦』以来となり、今回もノアの最強を決める舞台での対戦となった。

 試合は、序盤から筋骨隆々の杉浦と小島ならではのゴツゴツとした肉弾戦に。バチバチとしたぶつかり合いに場内のボルテージも上がる。小島がマシンガンチョップを放てば、杉浦もマシンガン式の暴走エルボーで応戦。

 さらに杉浦のオリンピック予選スラムには、小島がウエスタンラリアットで抗うなど、両雄の意地の張り合いが続いた。そのなかで最後はエルボー合戦から垂直落下式ブレーンバスターを返してラリアットを狙った小島を杉浦がフロントネックロックで捕獲。動けなくなった小島を見たレフェリーが危険と判断し、試合を止めた。

 7年前に続いて小島に連勝を飾った杉浦。バックステージでは、「まあ、元気というかね。同じ世代なんで。元気でやり合う相手となるだけでも、嬉しく思うよね。でも、俺は負けられないんで、今回の大会は」と改めて今年の『N-1』に懸ける意気込みを語った。
  一方で敗れた小島は「苦しい…。苦しかった。呼吸が苦しいだけじゃない。戦いの全てが苦しい。そういうものだと思う。N-1というものがたった1戦でどれだけのものか、今は痛感してるよ。たった1試合だけだよ。たった1試合でこれが苦しいってわかるよ」と苦しそうな表情を浮かべると、こう続けた。

「あと何試合すればいいんだ? こんなに苦しい闘い。でも、俺は自分で望んでこうなってるんだよ。好き好んで、苦しいことに望んで入るヤツはなかなかいないんだよ。だけど、プロレスラーだったらそれでいいと思う。苦しい中に身を投じて、初めてプロレスラーだと思うから。凄く苦しいよ、本当に。だけど、凄く楽しいと思う」

 新日本では『G1クライマックス』が開催中だ。GHCヘビー級王座を保持していた時にも話していたが、小島は「新日本とノアの実力は変わらない」ことを証明するためにも、いつ何があってもいいように、鍛え続けた右腕を信じて、『N-1』を『G1』に負けない最強決定戦であることを残りの公式戦で、しっかり見せていく。

◆プロレスリング・ノア◆
『N-1 VICTORY 2022』
2022年8月11日
神奈川・横浜武道館
観衆 940人
▼『N-1 VICTORY 2022』Bブロック公式戦(30分1本勝負)
○杉浦貴【1勝0敗=2点】(16分54秒 レフェリーストップ)小島聡【0勝1敗=0点】●
※フロントネックロック

文●どら増田

【関連記事】今も色褪せない“伝説の世界一決定戦”。英メディアが46年前のアリvs猪木に再脚光!「世界チャンプは日本で足を失いかけた」

【関連記事】新日本が対抗戦に完勝! 号泣の清宮海斗にオカダ・カズチカが見せつけた“差”。武藤敬司が説いた「猪木さんの教え」とは?

【関連記事】「アリのおかげで俺は世界中に…」世紀の大一番から44年、アントニオ猪木氏がかつての宿敵にしみじみと