ニューヨーク・ヤンキースのエースから3ランを放った大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)に、現地中継は思わず日本語で賛辞を贈っている。

 現地時間8月31日、本拠地で開催されたヤンキース戦に「3番・DH」でスタメン出場した28歳は、6回に剛腕ゲリット・コールから30本塁打を記録した。

【動画】現地実況も興奮!剛腕から大谷が放った30号3ランをチェック

 0対2とビハインドの6回1死一、二塁で第3打席を迎えた場面だ。この日、中飛、三飛に倒れていた背番号17は、97.9マイル(約157.5キロ)の4シームをジャストミート。24度の角度で捉えた打球は、センターの頭上を越え、スタンドイン。2試合ぶりの一発で球場のファンを沸かせた。
  地元放送局『Bally Sports West』の中継も大盛り上がり。実況を務めたマット・バスガージアン氏は、ボールがフェンスを越えたのを確認すると「ショウヘイ・オオタニ!オハヨウゴザイマス!ニューヨーク」と興奮を伝えた。そして「キュンです!ショウヘイ・オオタニ」と日本語を披露した。

 また解説のマーク・グビザ氏も日本語で「スゴイ!ショウヘイ」と称賛した。この逆転アーチが決勝点となり、エンジェルスは3対2で接戦を制した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「なんてこったぁ!」大谷翔平の“心温まる対応”に敵地ファンが感動!子どもが喜ぶ姿に海外記者もほっこり

【関連記事】「99.99%、ジャッジだ!」米記者はMVPレースのほぼ終焉を宣言。大谷翔平を推さない理由はやっぱり本塁打に?

【関連記事】ヤンキースの継投も偉才には通じず。常勝軍団を“必死”にさせた大谷翔平の「存在感」