二刀流スターが再び打撃面で存在感を発揮している。

 現地時間8月31日、MLB公式サイトは、恒例となっている月間オールスターを発表。アメリカン・リーグのDH部門では、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が選ばれた。日本人選手としては、4月にナショナル・リーグの外野手部門で選ばれた鈴木誠也(シカゴ・カブス)以来、今季2人目の選出だ。
【動画】ヤンキースの剛腕コールから圧巻の30号!大谷翔平が2年連続の30本塁打を達成

 本拠地で行なわれた同日のニューヨーク・ヤンキース戦では、日本人初の“2年連続30本塁打”を達成した大谷。28試合に出場した8月は、打率.317、8本塁打、20打点、OPS1.039という優れたスタッツをマークし、今季ここまで苦戦していた打撃面で傑出した結果を残した。
  記事を執筆した同サイトのウィル・リーチ記者は、「今季の大半において、打者より投手として優れていた」と8月に入るまでの投打パフォーマンスを振り返ると、「今月の彼は、再び2021年のように打ちまくっている」と高評価。「こうしたことが選出の理由だ」と続けている。

 今回、MLB公式サイトが発表した「8月のオールスター・チーム」は、以下のとおり。

【ア・リーグ】
捕手 ショーン・マーフィー(オークランド・アスレティックス)
一塁 ネイサニエル・ロウ(テキサス・レンジャーズ)
二塁 アンドレス・ジメネス(クリーブランド・ガーディアンズ)
三塁 アレックス・ブレグマン(ヒューストン・アストロズ)
遊撃 ホーヘイ・マテオ(ボルティモア・オリオールズ)
外野 アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)、ランディ・アロザレーナ(タンパベイ・レイズ)、カイル・タッカー(アストロズ)
DH 大谷翔平(エンジェルス)
先発 ロビー・レイ(シアトル・マリナーズ)
救援 ジェームズ・カリンチャック(ガーディアンズ)

【ナ・リーグ】
捕手 トラビス・ダーノウ(アトランタ・ブレーブス)
一塁 ポール・ゴールドシュミット(セントルイス・カーディナルス)
二塁 ジェフ・マクニール(ニューヨーク・メッツ)
三塁 ノーラン・アレナード(カーディナルス)
遊撃 トレイ・ターナー(ロサンゼルス・ドジャース)
外野 ムーキー・ベッツ(ドジャース)、マイケル・ハリス2世(ブレーブス)、ホアン・ソト(サンディエゴ・パドレス)
DH アルバート・プホルス(カーディナルス)
先発 ザック・ギャレン(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)
救援 ニック・マルティネス(パドレス)

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】初回の“119メートル大飛球”にも米記者が感嘆! 相手の好守に阻まれた“幻の30号”は「ホームランになっていたかも」

【関連記事】30号到達の大谷翔平は「打撃8部門」でリーグ6位以内! 投手部門も軒並み上位に

【関連記事】「スゴイ!ショウヘイ」剛腕コールから一発を放った大谷翔平に現地中継は日本語を連発!「キュンです」