F1第15戦のオランダ・グランプリ、アルファタウリの角田裕毅は9番グリッドからのスタートで久々のポイント獲得が期待されていたが、マシントラブルによってリタイアを余儀なくされた。

【動画】「電光石火の速さ」と表現するメディアも! 角田裕毅が予選でスーパーラップを叩き出す! 予選での鮮やかなフライングラップを披露し、本人も驚きのQ3進出を果たした後の決勝レース、スタートで順位を落とすも、安定したドライビングでポイント圏内付近の順位をキープしていたが、2度目のピットインの後、タイヤの緩みを訴えて停車。その後、ピットに戻り再度タイヤを交換してコースに戻るも、チームがディファレンシャルギアのトラブルを確認したことで、再びコース脇に車を止めた。

 今回もまた失意のレースとなってしまったが、これに加えて、最初の停車の際にシートベルトを緩め、そのままピットに戻ったことが規則違反にあたり、今季5度目の戒告処分を受けることとなり、次戦イタリアGPでは10グリッド降格に……。さらに、自身のリタイアがバーチャルセーフティーカー(VSC)を発動させ、これが姉妹チームであるレッドブルのマックス・フェルスタッペンに有利に作用したことで、あらぬ「陰謀説」まで囁かれるなど、まさに「泣きっ面に蜂」の状況となってしまった。

 もっとも、予選と決勝でのパフォーマンスについては、各国のメディアからの評価は低くなく、10点満点の採点では、及第点以上の数字も多く並ぶこととなった。英国のモータースポーツ専門サイト『THE RACE』は、全体6番目タイとなる「7.5」を角田に与え、寸評では以下のように彼の週末を振り返っている。

「予選では、しばしばそうであるように、彼がアンダーステア気味の車を同僚ピエール・ガスリーよりもうまく操ってQ3に進出。決勝では良いスタートを切れなかったが、2ストップ戦略における2回目のピットインを行なった時、彼はまだ11番手にいた。しかし、デフの問題でピットに戻ってサイドのタイヤ交換とシートベルトの締め直しを行ない、コース復帰の後で停車を命じられた。ペースは力強かったが、スタートで順位を落としたことで、ポイント獲得の可能性が大きく低下した」
  同じく英国のF1『planetf1』は、話題性に傾いた視点で「ユウキはしばしば、“エンターテイメント”を提供する。連続のピットイン、コクピット内でのシートベルトの締め直しなどを経ての“奇妙”なリタイアは、誰も失望させなかった。これがVSCを発動してフェルスタッペンを助ける結果となったことで、陰謀論者が行動を起こしたが、実際は本当の技術的な問題だったようだ」と綴ったが、採点は「5」と厳しめである。
  及第点の「6」とした『CRASH』も、リタイアとその後に注目し、「珍しい予選Q3進出を果たした後、角田のオランダGPは疑わしい状況で終わりを迎えた。日本人ドライバーはタイヤの緩みを感じてピットレーンに戻り、シートベルトを締め直してコースに戻ったが、コース脇に車を停めたことで、結果的にVSCが発動された」と指摘したが、「その件とは関係なく、そのパフォーマンスは彼にとって励みになるものだった」とドライビングへの評価は高かった。

 英国のスポーツ専門サイト『sportskeeda』はガスリー(11位フィニッシュ)の「6」を上回る「7」を角田に与え、「振り返ってみれば、ユウキのオランダでの週末は力強いものであり、チームメイトよりも速かった。もし車の問題がなければ、ポイント圏内でのフィニッシュは十分に可能だっただろう」と、そのパフォーマンスにのみ注目している。

 続いてオランダのF1専門サイト『GPBLOG』は次戦にも言及し、「土曜日(予選)の角田は電光石火の速さだったが、最終スティントでの、止まったり、走ったりといった動きの中で今季5度目のとなる戒告処分を受けることになり、モンツァでは(10)グリッド降格となる」と記述。採点は「6」の及第点となった。

 最後にスペインのF1専門サイト『F1i.com』は「7.5」の高採点で、寸評では「波乱に富んだフリー走行を経て、予選ではトップ10入り。感激すべきサプライズであり、厳しい状況下でまともな成果を上げた。レースでは、ランス・ストロール(アストンマーティン)とポイント争いを展開していたが、最近のF1では最も奇妙なリタイアのひとつを経験し、VSCを発動させた。ただ、このアルファタウリのドライバーにとっては、最高の週末のひとつだった」と評している。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】予選Q1で3位の驚速ラップ! 角田裕毅、予期せぬQ3進出に「ビッグサプライズ」と本音! 「彼に才能があるのは間違いない」と専門サイトも称賛

【関連記事】仲を深める“角田裕毅&ガスリー”に「予想だにしなかった友情」と海外メディアも注目! 「ファンも夢中」「歴史に刻まれる」

【関連記事】英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー、ルクレールらの評価は?