アイントラハト・フランクフルトの鎌田大地は今季、ドイツ杯やブンデスリーガで5得点を挙げ、好調なスタートを切った。現地時間9月7日には、UEFAチャンピオンズ・リーグ、スポルティング・リスボン戦にも先発出場し、0対3で敗れたものの、自身初となる大舞台のピッチにも立っている。

 昨年、ブンデスリーガやヨーロッパリーグでの活躍で一躍評価を高めた鎌田には、今季も他クラブからのオファーの噂が絶えず、先月末にはポルトガルのベンフィカと契約合意との報道もあったものの、フランクフルトに残留することとなった。

 鎌田と現所属クラブとの契約が2023年夏までとなっていることもあり、欧州メディアからもさまざまな視点からその去就に注目が集まっている。

 独スポーツサイト『Sport1』では、今季もフランクフルトの中心選手として活躍を見せている鎌田の将来を論じる記事を配信。主にプレミアリーグへの移籍の可能性について持論を展開している。

 記事の中で「フランクフルトのキーマン、カマダは2023年以降もこのクラブに残るのだろうか?」と問いかけている同メディアは「突然、プレミアリーグのクラブが紙幣を振って正しい金額を提示してきた場合、移籍することもあり得るだろう」として、危機感を示している。

 また「だが、注意すべき例もあり、プレミアリーグは必ずしも大きな幸運につながるとは限らない」と指摘し、「イングランドのリーグはスター選手が多く、カマダの同胞であるシンジ・カガワも2012年夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、赤い悪魔はボルシア・ドルトムントに1600万ユーロを送金した」として、香川真司の移籍を例に挙げた。

 その上で「カガワはマンチェスターで優勝を果たしたものの、決して幸せではなかった」と綴っている。

【動画】欧州CLで日本人対決!フランクフルトの鎌田大地&長谷部誠 VS スポルティングCPの守田英正 他にも「フランクフルトからの旅立った選手も、成功とは言えないケースもある。セバスチャン・ハラーはウェストハム・ユナイテッドでうまくいかず、ルカ・ヨビッチはレアル・マドリーで失敗し、アンドレ・シウバはライプツィヒでまだ大ブレイクするのを待っている。これらは、カマダが今後、具体的に対応しなければならない議論である」として、過去の移籍も振り返っている。

 記事では鎌田への期待の高さから「フランクフルトのミスター・ヨーロッパ」とも称している。始まったばかりの新シーズン、日本人ミッドフィールダーはピッチ内外で、さらに注目を集めることとなるだろう。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「これぞサッカーの楽しみ方だ!」鎌田大地の娯楽性溢れるプレーに賛辞続々!「チームで最も危険な選手」と最高レベルの評価

【関連記事】「やばい!」「ジョーカー」堂安律、フライブルクを首位に導く決勝弾で独メディアから高評価! 「黄金の価値がある」と賛辞も

【関連記事】「ワタルで本が一冊書ける」シュツットガルト指揮官も絶賛! 現地メディアが主将・遠藤航の人間性とクオリティの高さに脚光