現地時間9月13日、敵地で行なわれたボストン・レッドソックス戦の第3、4打席で、アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)は2打席連続弾を放った。

 2-3で迎えた第3打席、6回先頭で回ってくるとジャッジは、先発右腕ニック・ピベッタのやや甘く入ったカーブを捉えた。華麗に打ち流した打球は、右中間後方にある相手ブルペンに着弾。6試合ぶりのアーチで56号を記録した。

【動画】グリーンモンスターもお構いなし!怪物ジャッジの特大57号をチェック

 さらに8回無死の場面では、4番手右腕ギャレット・ウィットロックの3球目のスライダーをジャストミート。打球速度100.5マイル(約161.7キロ)、35度の角度で飛び出した打球は、左翼に高くそびえ立つグリーンモンスターを悠々と越え、57本目のホームランとした。

 終盤戦、連日のようにアメリカン・リーグMVPを巡る論争が巻き起こっている。ロジャー・マリス氏が保持するアメリカン・リーグシーズン最多本塁打(61本)をも射程圏内に捉えるヤンキース主砲はもちろん、“二刀流”としてベーブ・ルース以来の躍動を見せる大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)に意見は分かれている。
  だが、この日の驚異的な2打席連続弾で一気に‟ジャッジ派”の声が勢いを増しているようだ。米国ニューヨーク州を拠点とする『WKTV』のディレクターを担うスペンサー・デビッドソン氏は、「ジャッジとオオタニを巡るアメリカン・リーグMVPレースは、ジャッジが全会一致で受賞するか、オオタニが数票を獲得するか」とジャッジが栄光を手にすると発言。そして「議論の余地はない」と断じた。

 さらに米放送局『Sinclair Broadcast』などで司会者を務めるアレックス・グライトマン氏は、「オオタニがやっていることは前代未聞だが、ジャッジにMVPを与えないのはどうなのか」と疑問を呈した。

 ジャッジは86勝56敗のチームで、そのトップ打率.310、57本塁打、122打点と牽引している。一方でエンジェルスは61勝81敗と西地区で4位に位置する。大谷自身は、打率.265、34本塁打、88打点を記録。投げては12勝8敗、防御率2.55で、グライトマン氏は「MVPに値しない」と指摘した。

 とは言え、登板翌日に特大弾を放つなど規格外の活躍を続ける大谷。果たしてどちらに軍配が上がるだろうか。残りの3週間、この2人のパフォーマンスから目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「サイ・ヤング賞候補だ!」大谷翔平が強敵アストロズ戦で披露した“ワンマンショー”に米メディア脚光!「オオタニより価値がある選手はいない」 

【関連記事】大谷翔平の歴史的活躍は計測不可!? 米専門家が“最大の障壁”ジャッジとの比較に意見「オオタニはWARの限界を示した」 

【関連記事】ジャッジMVPの“論拠”だったWARも肉薄! 米驚嘆の「片手一本弾」で話題を呼んだ大谷翔平に追い風が吹いている