9月13日、ヤクルトの村上宗隆は、本拠地神宮球場で行なわれた巨人戦に「4番・サード」で先発出場し、9回に55号3ランをマーク。1964年に王貞治氏(巨人)が記録した日本選手最多となるシーズン55本塁打に並んだ。

【動画】「神宮球場の誰もが確信」驚愕の特大アーチ! “村神様”の54号をチェック

 4回に相手エースの菅野智之から54号ソロを奪った22歳は、そのまま勢いに乗った。4対9と5点ビハインドで迎えた9回2死一、二塁の場面。巨人の絶対的守護神である大勢がカウント1-0から投じた2球目を捉え、55号3ランを左翼スタンドへ叩き込んだ。

 “村神様”の歴史的快挙は、海外からも熱視線が送られている。キューバメディアの『SwingCompleto』は、「日本のムネタカ・ムラカミがサダハル・オウに並ぶ偉業」と銘打った記事を掲載し、冒頭でこう伝えている。

「日本野球機構(NPB)のムネタカ・ムラカミがセンセーションを巻き起こした。1964年に伝説のサダハル・オウが記録した日本選手最多となるシーズン55本塁打に肩を並べた」

 さらに同メディアは、2013年にシーズン60本塁打をマークし、プロ野球記録を更新したウラディミール・バレンティン(ヤクルト)を抜く可能性があると指摘。ヤクルトは、あと15試合残っているため、「今後は、左打者のムラカミが打席に入ると誰もが注目するだろう。NPBの今シーズン最大の見どころだ」と燕の若き主砲を称えた。
  これで今季成績は、打率.337(セ・リーグ1位)、55本塁打(同1位)、132打点(同1位)となった村上。三冠王もいよいよ視界に入ってきた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】ヤクルトの村上宗隆は「まさに逸材だ」とMLB公式が反応!新助っ人も「彼は特別な人間」「まるでロックスター」と賛辞惜しまず

【関連記事】王貞治、落合博満、バースらはいかに“偉業”をやってのけたのか? 村上宗隆が迫る金字塔の到達者たち【三冠王列伝】<SLUGGER>

【8月の投打部門別ベスト3:セ・リーグ】五冠の“村神様”は8月も月間MVP確定!投手部門では今永・山﨑のDeNAコンビが光る<SLUGGER>