16日、バスケットボール日本代表の富樫勇樹(29)が、日本シグマックスのスポーツ向けサポート・ケア製品ブランド「ZAMST(ザムスト)」が主催したトークイベントに参加した。会場は都内最大級の総合スポーツ専門店「Alpen TOKYO」の1階フロアで開催され、バスケットボールやシューズ、ユニフォームなど、多数のバスケット用品に囲まれた中で富樫のトークイベントはスタートした。

 ザムストの契約アスリートである富樫が登場すると、会場に詰め掛けたファンは大きな拍手を送った。先着20人限定ながら老若男女問わず、幅広い年代のファンが会場に集まった。また、当日来場できなかった人や参加申し込みに漏れた人のために、ザムストの公式インスタグラムがトークイベントの様子をLIVE配信で届けた。配信が始まると視聴ユーザーから「とがにぃ」「まってましたー」「こっちむいて〜(ハート)」「カッコいい!」「お顔が見えた!」など、コメントが多く寄せられ、こちらも盛り上がった。

【動画】理解不能!富樫の「エグすぎる」神技パス集

 トークショーの中で富樫は、所属するBリーグ千葉ジェッツの新シーズンについて「今年は新たなチームスタイルで、がむしゃらで泥臭いバスケットボールを見てほしい。開幕を楽しみに見てほしい」と、今季からジョン・パトリック新監督が指揮を執る自チームの見どころを語った。

 また、ファンとの質問コーナーでは「(メンタルは)落ち込まない。常に前向き。下向きな気持ちで落ち込まない。小柄なのは相手にハンデを与えてあげてる」と富樫節がさく裂。さらに、チャレンジしてみたいヘアスタイルは?という質問には「坊主にしたい。坊主にできる大人は憧れ」と意外な答えも。最後は今日が誕生日だという女性に対し「誕生日おめでとうございます。18歳か。好きなことをいっぱいして、いろんなことに挑戦してください。おめでとうございます!」と祝福のメッセージを送り、和やか雰囲気のままトークショーは終了した。

 富樫は最後にこの日来てくれたファンへ「Bリーグももうすぐ開幕します。船橋アリーナやアウェーの会場にも来てください。声の出せるアリーナに戻したいと思うので、1試合でも早く実現したいなと思います」と、改めて今シーズンにかける決意を述べた。Bリーグ、そして日本バスケは、富樫がまだまだ牽引していく。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】バスケ日本、W杯予選イラン戦メンバー発表!帰化選手&指揮官不在のなか、馬場、富樫、河村ら11名で格上に挑む<DUNKSHOOT>

【関連記事】【アジアカップ】バスケ日本、奮闘及ばず王者オーストラリアの前に散る。エース渡邊不在のなか富永啓生が33得点の大爆発

【関連記事】【アジアカップ】バスケ日本、フィリピンを破って2大会ぶりベスト8!渡邊負傷のアクシデントも富樫、エヴァンスらが奮起<DUNKSHOOT>