フィギュアスケート女子で2019年、20年の全日本選手権2連覇を達成した紀平梨花(トヨタ自動車)が9月26日、自身のインスタグラムを更新。2季ぶりとなった実戦復帰を振り返り心境を綴った。

【画像】「一旦ホッとしました」紀平梨花が実際に投稿した写真をチェック!

 昨季は、右足距骨疲労骨折により足首を痛め、全ての大会を欠場した紀平。中部選手権にエントリーした彼女は、大会直前に自身のSNSで「まだ完治ではない」と明かしていたが、12月の全日本選手権にどうしても出たいという強い思いから、構成を落として復帰戦に臨んだ。

 鮮やかなレッドのコスチュームに身を包んだ20歳は、「中部選手権が終わりました!」と報告。ショートプログラム(SP)は、56・69点、フリースケーティング(FS)は97・80点、合計154・49点で6位に入り、12月の全日本選手権の切符を手に入れた紀平は、安堵した様子で、現在の率直な想いをこう記している。

「今回の目標としていた13位以内の予選通過を、6位で通過し、無事全日本の出場が決定しました!一旦ホッとしました。次の試合に向け、今はジャンプを控え、怪我の治療、右足に負担が少ないトレーニング、練習に専念したいと思います!」

 そして、ファンに向けて、感謝の意を表した。
 「完全復活に向け、楽しみにじっくり待っていただけると嬉しいです。約一年半ぶり試合でしたがたくさんの応援本当にありがとうございました。全日本では、元気いっぱいの姿で皆様にお会いできるようにまずは怪我の完治、できる練習、トレーニングをたくさん頑張ります!!」

 完全復活に向けて、新たな一歩を踏み出した女王。今後は、10月8日にさいたまスーパーアリーナで開催されるジャパン・オープンに出場する予定だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連画像】「めっちゃ可愛い」紀平梨花が披露した華やかな“ワンピース”姿はこちら!

【関連動画】「見惚れてしまうぅ」紀平梨花の綺麗すぎる逆立ち歩きをチェック

【PHOTOギャラリー】日本女子フィギュアの新エース!笑顔がキュートな紀平梨花の厳選フォトを一挙お届け!