リーグ創設から77年目を迎える2022−23シーズンは、現地時間10月18日(日本時間19日)に開幕する。それに先駆けて米放送局『ESPN』は“トッププレーヤー100”を発表。“キング”ことレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が6位とトップ5から漏れ、識者や元NBA選手の間で議論となっている。

 現役選手を対象とした“トップ100”で1位に輝いたのは、万能戦士のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス/27歳)。さらに、昨季史上13人目の2年連続シーズンMVPに輝いたニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ/27歳)、若き大型ガードのルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス/23歳)、怪物センターのジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ/28歳)、“史上最高のシューター”との呼び声高いステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ/34歳)が続き、今年12月で38歳となるレブロンは6位にランクされた。
  同局の番組『NBA Today』では、レブロン、ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス/24歳)、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ/33歳)、ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ/23歳)、デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ/25歳)と並んだ6〜10位について議論を展開。元NBA選手でアナリストのジェイレン・ローズ(元インディアナ・ペイサーズほか)は、次のように見解を述べた。

「(7位の)ジェイソン・テイタムは好きだが、(8位の)ケビン・デュラントより上だとは思わない。ケビン・デュラント、ヤニス、ステフ(カリーの愛称)、ルカ、カワイ(レナード/ロサンゼルス・クリッパーズ)は同じレベルだ。レブロンはそこからひとつ落ちる。レブロンは7位だ」

 一方で『ESPN』のブライアン・ウインドホースト記者は「プレーオフが始まれば、私は一番にヤニス、次にレブロンを選ぶ」として、大一番の勝負強さでは依然として“キング”がアドバンテージを持っていると主張した。 同局のザック・ロウ記者も、ウインドホースト記者に同調した。

「レブロンがトップ5に入っていると主張する人もいるだろう。そういう人たちの意見のなかには、カワイ・レナードやケビン・デュラントは含まれない。レギュラーシーズン82試合、チームを牽引するという観点で言えば、レブロンは6位でふさわしい。彼は(37歳と)ベテランになり、シーズン55〜60試合しかプレーしていない。

 ただし、1試合、もしくは7試合制のシリーズとなれば、リスト上位の選手よりもレブロンが欲しい。私は彼にセンターを任せたい。ヤニスを使うことも、デュラントを使うこともできない。レブロンは今でもチェスの達人だ。究極の“チェス・マスター”なんだ」
  昨季、腹部や足首の負傷で計26試合を欠場したレブロンだが、平均得点はキャリアで2番目に高い30.3点と、圧倒的なオフェンス力は健在だ。ディフェンス面での衰えこそ指摘されているなかで、38歳を迎えるシーズンはどのようなプレーを見せるだろうか。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】37歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!