史上最高のアスリートがその才能を改めて世界に知らしめた。

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間9月29日、本拠地で行われたオークランド・アスレティックス戦に「3番・投手&DH」で先発出場すると、8回2死までノーヒットノーランを継続する圧巻のピッチングを披露。最終的に8回2安打無失点、1四球10奪三振で15勝目を手にしている。

 満票MVPを受賞した昨シーズン以上の完成度を披露している大谷は、今季にアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)との熾烈なMVPレースを展開している。昨季は46本塁打を放った“打者・大谷”の活躍が顕著だったが、今季の原動力となってるのは“投手・大谷”だ。

 この試合前までに26先発して14勝(8敗)、防御率2.47、203奪三振と堂々たる成績を残し、サイ・ヤング賞候補にも浮上。しかも、34本塁打を打っているのだから、驚きという他ない。そして29日の登板では、何と7回までノーヒットノーランの快投。8回2死から初安打を許して幻に終わったものの、その圧巻の投球には全米各地から賛辞の声が響きわたっている。
【動画】ああ無念。大谷翔平、ノーヒッターが途切れた瞬間をチェック
  米放送局『CBS Sports MLB』のダニー・ヴィレッティ記者は「ショウヘイ・オオタニは14試合連続安打を記録し、7.2回までノーヒッター(8回完封)に抑えた。しかも同じ試合で。これに麻痺しちゃだめだ。普通じゃない」と讃えれば、“大谷マニア”として有名な『Fox Sports』のベン・バーランダー氏は「信じられない! ショウヘイ・オオタニのノーヒッターは8回2アウトで途切れた。そえでもMVPPPPP! 何て支配力なんだ」とコメント。

 他にも『Baseball America』のカイル・グレイザー記者も「ノーヒッターは終わったけれども、素晴らしぎる投球だった」と最敬礼しており、さらにはアメリカン・フットボールNFLの名物記者アダム・ランク氏までも。「ショウヘイ・オオタニという存在には感謝しかない」と最大級の賛辞を届けている。

 加えて、メジャー歴16年で現在アナウンサーを務めるジェリー・ヘアストンJr.は「オオタニは地球最高のアスリートだ。ジャッジがMVPになるだろう。両方とも間違いない、そして両者とも信じられない選手だ」として、MVPの行方は厳しいとの見立てをしつつも、その“才能”はジャッジ以上だと評している。

 前人未到となるW規定到達にはあと1イニング及ばなかったものの、この日見せた投球は一段と光り輝くものだった。現地10月5日のシーズン最終日には、敵地でのアスレティックス戦が予定されている。果たして次は、どんなパフォーマンスを披露してくれるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「ジャッジは甘い球が多いから打てる」は誤り。他の誰よりも“誤審”と戦いながら三冠王も狙う凄み

【関連記事】大谷翔平が“二刀流”で示す数字にMVPの声!解釈を巡りジャッジ派と意見真っ二つも「投票者30人が同じ定義ではいない」と主張

【関連記事】「慣れてしまうのは簡単だ」大谷翔平を“熟知”する女房役スタッシが語った二刀流「軽視されているように思う」