プロ野球の日本シリーズ第7戦、東京ヤクルトスワローズ対オリックス・バファローズは10月30日、神宮球場で行なわれ、オリックスが5対4で勝利を収め、26年ぶり5度目の日本一に輝いた。

【PHOTO】華麗な歌とダンスで球場を彩るオリックス・バファローズ公式ダンス&ヴォーカルユニット「BsGirls」! 前日は自慢のリリーフ陣が躍動し、完封リレーで王手を掛けたオリックス。初回、いきなり先頭打者の太田椋がヤクルト先発サイスニードの投じた初球ストレートを強振すると、打球はバックスクリーンに飛び込むソロ本塁打。太田の日本シリーズ史上初となる先頭打者初球ホームランでオリックスが先制した。

 2回から4回まではともに無得点で終えると、5回にオリックスが追加点。ヒットと四球で満塁とすると、4番・吉田正尚は死球で押し出し。さらに5番・杉本裕太郎のセンターへの打球は、センター塩見泰隆が落球。ランナーふたりが生還し、5対0とヤクルトを突き放す。

 そしてオリックス先発の宮城大弥は5回73球を投げ被安打3、無失点の好投でリリーフ陣へバトンを託す。2番手の宇田川優希が6、7回を無失点で終えると、8回からは今シリーズ3度の登板で被安打1の山崎颯一郎がマウンドへ。山崎は先頭の塩見、2番・丸山和郁にいきなり連続ヒットを許し、1死二、三塁から、ここまで無安打の村上宗隆にライト前に運ばれ1点を返される。すると、続く5番・オスナにはレフトへの3ランを食らい、たちまち1点差に。

 しかし、代わった比嘉幹貴が後続を断つと、9回にはワゲスパックが抑え切り、オリックスが破竹の4連勝で昨季のリベンジを完遂。4勝1分け2敗として、26年ぶりの日本一を手中に収めた。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】「今年はジャッジだ」と断言! 敏腕GMが白熱のMVP争いで大谷翔平を「ほとんど失格」とする理由は?

【関連記事】FA“超目玉”の楽天・田中将大を獲得すべき球団はここだ! ローテーション、資金力、熱意の3点から識者が徹底解説

【関連記事】氏原英明のドラフト採点:1位抽選を外しても阪神とロッテは最高評価。一方、くじを引き当てた巨人と楽天は……<SLUGGER>