プロレスリング・ノアは『ABEMA presents 有明凱―THE RETURN−PRO-WRESTLING LOVE FOREVER.3〜TRIUMPH〜』10.30東京・有明アリーナ大会を開催。大注目のメインイベントではGHCヘビー級選手権試合、チャンピオンの清宮海斗に藤田和之が挑んだ。

 試合は序盤から大熱戦の様相を呈した。清宮がジャーマンやシャイニングウィザードを仕掛けると、これで“野獣”のスイッチが入ったのか、藤田が持ち前のパワーを利したパワフル殺法を連発。会場のボルテージも高まった。

 しかし、藤田の猛攻を冷静に受け止めた王者が一瞬の隙を突いてフランケンシュタイナーを炸裂させるとカウント3を奪取。劣勢だった清宮が逆転で王座を防衛した。

 試合後、ディモシー・サッチャーから「俺はノアに来てまだ誰にも負けていない。次のチャレンジャーはこの俺だ!」と表明された清宮は、乱入してきた難敵と睨み合いながら「誰の挑戦、どんなやつが来てもいいんだよ。だからみんな俺に挑戦してきてくれ。まだまだ俺は挑戦なんだ」と叫んで受諾した。
  リング上で「絶対に俺はノア引っ張ってくんで! 俺を見ててください!」と叫んだ清宮はバックステージで「藤田和之、ありがとうございますっていうのが本当の気持ち。今日の試合で全員が全員納得してないっていうのもちょっとは感じてる」と、率直な思いを吐露。「だからこそ、本当にどこからも逃げたくないし。きょうは有明に集まってくださった人たちが、ノアファンの皆さんが、『清宮、本当に強え。マジでコイツ強い』って誇れる王者にならないといけない」と語気を強めた。

「本当に今日戦ってくれた藤田和之には感謝しています。敵とか壁とか多いけど、もう絶対に前しか向かないんで。本当に進み続ける。それだけです。俺を観に来てください。ありがとうございました」

 ノアのチャンピオンとしての責任を語った清宮。ここからまだまだ突き進むであろう彼が王座をいかに守るのかに注目したい。

◆プロレスリング・ノア◆
『ABEMA presents 有明凱旋ーTHE RETURNーPRO-WRESTLING LOVE FOREVER . 3 〜TRIUMPH〜』
2022年10月30日
東京・有明アリーナ
観衆 3739人
▼GHCヘビー級選手権試合(60分1本勝負)
<王者>○清宮海斗(24分06秒 体固め)藤田和之●<挑戦者>
※フランケンシュタイナー
※第41代王者が初防衛に成功。

文●どら増田

【関連記事】「通してたらいいんじゃない?」に込めた武藤敬司の“元付き人”棚橋弘至へのメッセージ「いつかはあいつも立ち止まる」

【関連記事】グレート・ムタが”古巣”新日本に降臨!オーカーンへ宣戦布告「闇を見せてやる」オカダ&矢野と共闘へ

【関連記事】引退カウントダウンが近づく武藤敬司。「自ずと限られるな、試合の数も」自身の歴代入場テーマ曲に想いを馳せる