F1第20戦のメキシコ・グランプリは10月31日に決勝が行なわれ、アルファタウリの角田裕毅はコーナーでダニエル・リカルド(マクラーレン)に突っ込まれて車に損傷を負い、ピットでリタイアを余儀なくされた。
  13番手グリッドからスタートした決勝、ソフトタイヤの角田はオープニングラップで順位を2つ上げるなど快調な出だしを見せ、その後もペースを保ちながらポイント圏内を目指してレースを続けたが、51周目、ターン8で背後に迫ったリカルドにインに入られて接触。車は浮き上がり、ボディの右側とフロアに損傷を負い、ピットに戻ったものの、角田はすぐにコクピットを降りた。

 レース後、彼はチーム公式サイトを通して、「今日の結果はとても残念です。レース中のタイヤマネジメントは本当にうまくいっており、最後のスティントでも自信を持っていたので、このような馬鹿げたミスでレースが終わってしまったのはとても残念です」と失望を表わし、以下のように続けている。

「ダニエルは異なる戦略を採っており、この先で簡単に追い越すことだってできたはずです。彼のような経験豊富なドライバーが不可能なコーナーでオーバーテイクを仕掛けるなんて、とても迷惑なことです。我々にとって価値のあるポイントを獲得するのに、あと少しのところまで迫っていました。この週末ではポジティブなことも幾つかありましたが、今はレースから離れてリセットする必要があります。そして、次戦のブラジルGPには強くなって戻ってきます」

 また、レース後のF1公式サイト『F1.com』のインタビューでは、「それまではとてもうまくいき、特にソフトタイヤでの最初のスティントはとても良かったです。しかし、(リカルドが)ほとんど不可能なオーバーテイクを仕掛けてきたのはショッキングでした。これで車にダメージを負ってしまいました。とてもショッキングで、イライラします。(アクシデントがなかったとしたら)難しかったかもしれませんが、それでもポイントには近づいていたと思います。残念です」とコメントを残した。

 アルファタウリのチーフエンジニアであるクラウディオ・バレストリは、「ユウキは第1スティントで一貫したラップタイムを記録するなど好調であり、タイヤとブレーキの温度をマネジメントできていた。第2スティントではミディアムを装着し、ペースは良かったが、リカルドがユウキをオーバーテイクしようとして、我々の車とレースを破壊していった」と振り返っている。
  この接触について、英国のスポーツ専門チャンネル『Sky Sports』が「リカルドの危険な衝突によって角田がリタイアを余儀なくされた」と報道。また、イタリアの自動車専門サイト『MOTORIONLINE』は「フレッシュなソフトタイヤを履いたオーストラリア人は、ミディアムの角田を抜こうとしたが、アルファタウリ攻略は計画通りに進まず、ポジションを守ろうとしたユウキの車に無理に割り込んでダメージを負わせた」と、リカルドの過失によるものだと指摘した。

 当のリカルドは、この件で一方的に責任があるとして10秒のタイムペナルティーを科せられたものの、ほとんど車にダメージを受けなかった彼は7位まで順位を上げ、十分なマージンを稼いだことでペナルティーは無意味なものとなり、さらにはドライバー・オブ・ザ・デイに選出されることとなった。
  不振を極めた今季、最良の形でレースウィークエンドを締めた彼は、この件について「過失があったのは認めるが、100%自分が悪かったとは思わない」「角田はもう少しスペースを空けていたら、2台とも通れた」などといったコメントを発している。

 ペナルティーについては「十分すぎる」「5秒あればOKだと思っていた」と、厳しすぎると主張。なお、これには元F1ドライバーで現コメンテーターのマーティン・ブランドルも、「ダニエルに過失があるのは明らかで、彼は角田に道を譲るべきだった」としながらも、「5秒が妥当だと思う」と語った(『Sky Sports』より)。

 英国のF1専門サイト『planetf1』が「リカルドはリプレーを見た後、角田とのクラッシュについて罪悪感を抱くことはなくなった」と伝えたように、多くの海外メディアがこの接触や両ドライバーの反応について報じているが、同国のスポーツ専門サイト『sportskeeda』はSNSに寄せられたファンの反応に注目している。

「リカルドに相応しいF1のシートはない」「リカルドはプッシュしたが、角田は彼にスペースを与えなかった」「リカルドは来季シートがないことを知っており、結果を恐れずに実行した」「ダニエルのお粗末なレース」「リカルドはこれほどの二流のドライバーだった」……

 昨季は予選でレッドブル勢のタイムアタックを妨害したとして姉妹チームの首脳陣から批判を受けるという“濡れ衣”で不快な思いを味わったメキシコで、またもフラストレーションを溜めることとなった角田。本人が語ったように、この2週間でリセットし、ブラジルGPでは力強いドライビングを披露して良い週末を過ごすことができるか。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】角田裕毅、米国GP予選15番手で“苛立ち”も… 専門メディア「後方からの上り坂」と厳しい展望。弔いレースで躍進なるか!?

【関連記事】角田裕毅、米国GPの予選に向けて「かなり強い位置にいるようだ」と自信! アルファタウリの両ドライバーがパフォーマンスに好感触

【関連記事】好印象の米国GPに臨む角田裕毅、狙うは「土曜日にQ3進出、日曜日はポイント」 専門メディアはハースとの熾烈な争いに注目!