現地時間11月6日(日本時間7日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは敵地フェデックス・フォーラムでメンフィス・グリズリーズと激突。第4クォーターに一時逆転するもその後力尽き、97−103で敗れ今季成績を4勝6敗とした。

 両軍のスターターは、グリズリーズがジャ・モラント、デズモンド・ベイン、ディロン・ブルックス、サンティ・アルダマ、スティーブン・アダムズの5人。対するウィザーズは開幕から先発出場を続けるモンテ・モリス、カイル・クーズマ、クリスタプス・ポルジンギスの3人に加え、デニ・アブディヤがスタメンに復帰。さらにヘルス&セーフティプロトコル入りにより離脱が決定したエースのブラッドリー・ビールに代わり、キャリア2年目のコーリー・キスパートが先発SG(シューティングガード)に起用された。

 試合は第1クォーターこそ互角の展開が繰り広げられるも、第2クォーターに守備が崩壊したウィザーズは18−33と一気に引き離され、後半には最大23点ものビハインドを背負う。しかしここからベンチメンバーを中心に猛反撃を仕掛け、第4クォーター残り8分にはダニエル・ギャフォードのバスケットカウントで87−85と逆転。だがスターターを戻した残り6分から0−9のランを許し、再びリードを奪われそのまま敗戦。接戦を落とし、痛い連敗を喫した。
  八村塁は第1クォーター残り5分5秒、ウィザーズが17−12とリードした場面でコートイン。残り3分、ディフェンシブ・リバウンドを奪いそのままボールをプッシュ、フィニッシュに持ち込むもゴンザガ大時代の同僚ブランドン・クラークのブロックを受ける。

 しかしその後はフリースローライン近辺からのプルアップジャンパー、さらに左サイドからステップバックジャンパーをヒット。このまま勢いに乗りたいところだったが、第2クォーターはフィールドゴール0/1の1ターンオーバーという数字にとどまり、残り7分44秒でベンチに下がった。
  後半は第3クォーター残り6分22秒、50−72と大量ビハインドを背負った場面で再びコートへ。残り4分、ポルジンギスのアシストを受け左コーナーから3ポイントを決めると、その後もオフェンシブ・リバウンドを奪ってファウルを受けながらのプットバック(フリースローはミス)、速攻からのレイアップ、左サイドからディフェンダーをフェイクでかわしてのプルアップジャンパーとゴールを量産。このクォーターだけで9得点をあげ、追い上げの原動力となる。
  第4クォーターは最初に放った3本のショットを外すも、残り6分半に右ベースラインからドライブを仕掛けリバースレイアップをヒット。残り5分27秒でベンチに下がると、ファウルゲームとなった8点ビハインドの残り40秒、リバウンド要員として一瞬コートへ。最終的にこの日は22分17秒のプレータイムで15得点(フィールドゴール7/12、3ポイント1/3、フリースロー0/1)、3リバウンド、1ターンオーバー、2ファウルと言う数字を残した。

 ウィザーズの次戦は7日、バック・トゥ・バックでシャーロット・ホーネッツとのアウェーゲームが組まれている。主砲ビールは欠場が濃厚だけに、チーム一丸となって勝利を掴み取りたいところだ。

構成●ダンクシュート編集部

【NBA JAPAN GAMES PHOTO1】八村塁とステフィン・カリーがさいたまスーパーアリーナで夢の共演!!

【今日のハイ塁ト@rui_8mura🎥】#八村塁 選手はグリズリーズ戦に22分17秒出場し、スリーポイント1本成功含むFG7/12で15得点、3リバウンドを記録。#ウィザーズ|#DCAboveAll pic.twitter.com/SBDXeh5IIQ

— ワシントン ウィザーズ (@washwizardsjp) November 7, 2022