大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)に新たな“称号”が与えられた。

 現地時間11月6日、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッター上で実施したアンケートで、二刀流の偉才は2022年MLBの「最もエグい投手」に選出された。

 フリードマン氏が独断で厳選した投手たちによるトーナメント方式で行なわれた同アンケートにおいて、大谷の評価は図抜けていた。

 まず、2019年オフに先発投手としては歴代最高額となる9年3億2400万ドル(約477億3000万円)の契約をニューヨーク・ヤンキースと締結したゲリット・コールを上回って“ベスト8”に駒を進めた大谷は、その後にエマニュエル・クラッセ(クリーブランド・ガーディアンズ)、サンディ・アルカンタラ(マイアミ・マーリンズ)を撃破。球界屈指の剛腕ジェイコブ・デグロム(ニューヨーク・メッツ)と対峙したファイナルでは、総数2万3137票のうち55.4%を獲得し、見事に栄冠に輝いた。
  今季にメジャー自己最多となる15勝を挙げ、リーグトップの奪三振率(11.87)を記録した「投手・大谷」。日頃から打者として出場を続けながらのハイスタッツは、まさに規格外の一語である。ゆえにフリードマン氏のフォロワーが中心であるものの、ファン投票による今回の選出は必然と言えるのかもしれない。

 ちなみにサイ・ヤング級の名うてたちよりも高く評価された結果について、フリードマン氏はファンからのリプライに返答する形で、こう論じている。

「アルカンタラはたしかに素晴らしい。おそらくナショナル・リーグのサイ・ヤング賞を手にするだろう。しかし、ショウヘイの奪三振率やwhiffレート(空振り率)を見てくれ。他にないエグさだ」

 数多の投手たちを日夜分析し、評価し続けてきたフリードマン氏。そんな目利きをして、ここまで言わしめるのも「投手・大谷」の凄さを如実に物語る一例と言えそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平が花巻東高時代に続けたルーティンワークに脚光! 米メディアが「驚くべき日課」と称えた“所作”とは?

【関連記事】大谷翔平は「一度もチームを批判していない」。米記者が帰国会見での“切り取り報道”に「彼の言いたいことを超えている」と指摘

【関連記事】大谷翔平に圧勝したジャッジの“MVP受賞”。「簡単に上回った」怪物の選出に驚きの声も「オオタニとの差はあまりに大きかった」