2022年のメジャーリーグは、ヒューストン・アストロズがフィラデルフィア・フィリーズとのワールドシリーズを制し幕を閉じた。3季ぶりのチャンピオンに輝くなど、レギュラーシーズンから強さを誇ったアストロズだったが、フィリーズの善戦も光った。

 今季より、プレーオフシステムが拡張されたことで、第6シードとしてポストシーズンに挑んだフィリーズは、セントルイス・カージナルスやアトランタ・ブレーブス、さらにリーグチャンピオンシップでサンディエゴ・パドレスに競り勝ち、ワールドシリーズ進出を果たしている。

【動画】圧倒的だった1年! MLB公式がまとめた大谷翔平の2022年のプレーバックをチェック 世界一には届かなかったものの、頂点に挑んだその戦いぶりは現地メディアでも「サプライズ」と称えており、米スポーツサイト『Yardbarker』は、来シーズンのMLBにおいても同様の出来事を期待し、その可能性について見解を示している。

 同メディアは「2023年版のフィリーズになり得るのはどこか!?」という特集記事を配信。その中で、ロサンゼルス・エンジェルスの戦いぶりへの見込みを述べている。

「近年、ロサンゼルス・エンジェルスほど期待外れのチームもそう多くはないだろう」

 記事ではここ数年のエンジェルスのチーム成績をそう評しており、続けて「ショウヘイ・オオタニとマイク・トラウトが在籍しているのだから、毎年のようにプレーオフに進むチームでなければならない」と記している。

 さらに「エンジェルスは、2023年にそうなれることを示す可能性を持っており、2人のスターがいるエンジェルスにとって、来季は何かを起こす最後のチャンスかもしれない」と主張。

 その理由として、大谷の来季以降の去就を指摘しており「オオタニがフリーエージェントとなる今季終了後、エンジェルスとの再契約を希望するかどうかは謎である。LAがオオタニを引き留める最良のチャンスは、2023年にポストシーズンに進出することだ」と綴っている。

 その上で同メディアは「もしエンジェルスが今年、さらに投手陣を獲得し、選手がコンディションを維持できれば、来年はフィリーズのような活躍をするチャンスもある」として、来季の躍進を予感させるコメントで記事を締め括った。

 リーグ屈指のスタープレーヤーを抱えながら、長らくプレーオフの舞台には縁がないエンジェルス。球団売却の話題もあり、現在も先行きが不透明とも言われているなかで、来季こそ、『サプライズ』を起こすことはできるのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】大谷翔平の“W規定到達”で蘇るイチローの言葉。天才の「予言」を超えた究極の存在へ<SLUGGER>

【関連記事】アーロン・ジャッジは「62本塁打だから凄い」のではない。真に“歴史的”な打棒の意味を紐解く

【関連記事】大谷翔平は「一度もチームを批判していない」。米記者が帰国会見での“切り取り報道”に「彼の言いたいことを超えている」と指摘