11月9日、今季限りで現役を引退した元阪神の糸井嘉男氏が自身のインスタグラムを更新。同日19時に札幌ドームで開催される侍JAPANの強化試合(オーストラリア戦)で始球式を務める報告をした。

【画像】糸井氏がスタンドに投げ入れるか!?使用前の金のグラブ&靴をチェック

 糸井氏は「栗山JAPANの金メダル(絵文字)を祈願して、ゴールド!笑魂込めて投げます!!」と意気込むと、ゴールドのド派手なグラブと靴の写真を公開した。同投稿に日本ハムの現監督であり元同僚の新庄剛志監督がすかさず反応し、「勿論、始球式終わったらグラブをスタンドに投げるよね!!」と注文した。これには糸井氏は、「えっ!!そ!それは…もちろん分かりました…」と仕方なく受け入れた。
  今年9月17日の「ファイターズレジェンドメモリアルピッチセレモニー」で現役時にゴールデングラブ賞の副賞として手にした黄金のグラブをスタンドに投げた新庄氏。これに倣い、今度は糸井氏がファンにグラブをプレゼントするようだ。

 間もなく始まる同イベント。その光輝くグラブの行方にも注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】物議を醸す日本ハム新球場「ファウルゾーンの広さ」問題。事の発端は野球規則の“解釈”にあった?

【関連記事】FA“超目玉”の日本ハム・近藤健介を獲得すべき球団はここだ! ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点から識者が徹底解説

【関連記事】FA“超目玉”の西武・森友哉を獲得すべき球団はここだ! ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点から識者が徹底解説