現地時間11月7日、全米野球記者協会の投票によって決まる各アワードのファイナリストが発表され、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は2年連続でアメリカン・リーグMVP候補のリストに入った。
【動画】2HR&8打点の翌日に自己最多13K。大谷翔平の“神ピッチ”を振り返る

 大谷のほかにファイナリストには、今季のレギュラーシーズンで62発放ち、ア・リーグ最多本塁打記録を打ち立てたアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)に加え、ヒューマニスト・アストロズの主砲として世界一に貢献したヨーダン・アルバレス(ヒューストン・アストロズ)が居並んだ。

 とはいえ、今季も大谷は「球界で唯一無二の二刀流」として声価を高めた。投げては15勝9敗、防御率2.33、219奪三振をマーク。さらに打撃では、34本塁打、95打点を量産し、史上初のダブル規定を達成するなど、昨シーズンに続いて一大フィーバーを巻き起こした。
  62ホーマーを放ったジャッジの初受賞が有力視されるなかで最後に笑う者は誰なのか――。情報が錯そうするなか、米放送局『Fox Sports』のアナリストであり、ポッドキャスト番組『Flippin' Bats』のホストを務めるベン・バーランダー氏は、「ショウヘイ・オオタニ」を選んだ。

 同氏は「アーロン・ジャッジが同賞に相応しいと思う」と見解を口にした一方で、「だけど、僕の選択は彼ではない。ショウヘイ・オオタニがいかに特別な存在であるかに尽きる」と自らが大谷を選んだ理由を説明している。

 現地時間11月17日に運命の発表が行なわれる。果たして、どの様に票数は分かれているだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平に圧勝したジャッジの“MVP受賞”。「簡単に上回った」怪物の選出に驚きの声も「オオタニとの差はあまりに大きかった」

【関連記事】大谷翔平が花巻東高時代に続けたルーティンワークに脚光! 米メディアが「驚くべき日課」と称えた“所作”とは?

【関連記事】大谷翔平は「一度もチームを批判していない」。米記者が帰国会見での“切り取り報道”に「彼の言いたいことを超えている」と指摘