F1第21戦のサンパウロ・グランプリが開幕。11月11日にはフリー走行(FP)1回目と翌日のスプリントに先駆けての予選が行なわれた。

 アルファタウリの角田裕毅は、FP1で最多タイの32周を走行して全体の19番手となる1分13秒347を計測。そして臨んだ予選では、直前に降った雨によって濡れた路面が徐々に乾きつつあるという複雑な状況下でインターミディエイトタイヤを選択し、最初のアタックでは7番手の好タイムを出す。

 しかし、時間の経過とともに路面のコンディションが回復し、チームメイトのピエール・ガスリーがドライで好タイムを出したのを受けて同タイヤに交換するも、熱を入れるのには時間が足りず、1分16秒264で19番手に終わり、7戦ぶりのQ1敗退を喫した。

 予選後、角田はチーム公式サイトを通して、「今日は、明らかに失望しています。FP1からストレート全般でグリップ不足であり、予選に向けて解決策を見つけることができませんでした。Q1では2度目のアタックでドライタイヤを履き、好タイムを出そうと試みましたが、残念ながらグリップ不足でペースが上がりませんでした」とのコメントを残している。
  また、F1公式サイト『F1.com』でも「グリップの面で大きなトラブルを抱え、Q1で敗退となってしまいました。我々のペースは、とても、とても遅かったです」と語り、さらに「グリップ不足以上の問題を抱えています。ドライへの交換のタイミングは正しかったと思います。タイヤを温めるのに2周で十分のはずなのに、FP1と同じ問題に見舞われました」と、AT03の問題を指摘した。

 グリップを欠くことが、路面が濡れた状態でドライタイヤに履き替える決断を遅らせたとも言えるが、アルファタウリのチーフ・レースエンジニアのジョナサン・エッドルスは「ユウキはFP1から全般的にグリップ不足に苦しみ、予選でも同様でQ1でノックアウトとなった」と振り返った。

 そして「車はパルクフェルメに置かれているため、変更を加えることができない」と指摘しながらも、「明日も雨の可能性があり、我々にとって良い方向に作用するかもしれない」と、楽観的な展望も示している。 予選については失意の結果に終わった角田について、イタリアの自動車専門サイト『MOTORIONLINE』は「サンパウロの予選で19番手に終わったツノダにとっては、難しい金曜日となった。ファエンツァのチームは正しいマシンバランスを見つけられず、FP1からグリップ不足に苦しんだ。決勝の前、100kmのレースで争うスプリントは、10位以内を狙うユウキにとって復活を懸けたレースとなる」と、ここからの巻き返しの有無に注目した。

 なお、今GP開幕前に彼は、「スプリントでは、ペースが良いことを願っています。チームがチャンピオンシップで8位(9位のアルファタウリとは1点差のハース)、さらには7位(14点差のアストンマーティン)を争っている。そのため、より多くのポイントが必要であり、全てをまとめてできるだけ多くのポイントを獲得したいです」と意気込んでいた。今予選ではハースのケビン・マグヌッセンがポールポジションというビッグサプライズを演じており、これはアルファタウリにとっては衝撃的と言えよう。
  大きく点差を広げられる危険に直面していることに対して、角田は現時点で言及していないようだが、ガスリーは「信じられない。そして、我々にとっては恐ろしい。フランツ(・トスト代表)は幸せじゃないだろう(笑)。それでも、ケビンとハースのスタッフには、『ブラボー!』と言わなければならないだろう」と、ライバルの“偉業”を祝福している(フランスのモータースポーツ専門サイト『Motorsport NEXTGEN-AUTO.com』より)。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】仲を深める“角田裕毅&ガスリー”に「予想だにしなかった友情」と海外メディアも注目! 「ファンも夢中」「歴史に刻まれる」

【関連記事】英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー、ルクレールらの評価は?

【関連記事】「予選は散々、決勝は見た目より良し」 ベルギーGP、角田裕毅への各国メディアの採点&評価は!?