F1第21戦のブラジル・グランプリは11月12日にスプリントが実施され、アルファタウリの角田裕毅は15位でフィニッシュしている。

 初日にフリー走行(FP)1回目から深刻なグリップ不足に苦しんだ角田は、2日目の午前中に行なわれたFP3で32周を走行して全体の12番手となる1分15秒865のベストタイムを計測。

 そして迎えたスプリントでは、19番手からスタートして6周までにポジションを3つ上げたが、ペース不足が彼を苦しめ、17位でチェッカーフラッグを受け、後に他のドライバーのペナルティーなどにより、15位に繰り上げとなった。

 24周のレースの後、角田はチームの公式サイトを通して、「スタートで幾つかポジションを上げられましたが、残念ながらその後はペースがなく、本当に苦しみました。グリップ不足により、全体的に難しい週末となっており、予選の後で車に変更を施せないことが、より事を難しくしています。明日は簡単なものにはならないと思いますが、前進するためにやれることは全てやるつもりです」とネガティブに振り返り、決勝に向けても悲観的な展望を示している。
  また、F1公式サイト『F1.com』のインタビューでは、「僕は“乗客”としてFP1をスタートし、スプリントでもそれは変わりませんでした。多くの車に追い抜かれていくなかで、僕はコース中でスリップしまくり、やれることは何でもやりましたが、改善するのは難しかったです」と、厳しい状況を明かした。

 加えてこの現状を「言えるのは、レースが長くなれば、さらに状況は悪くなるということです。我々はウィリアムズやハースにも届きません。とても苦しんでいます。ペースを上げる方法を見つけなければなりませんでしたが、スプリントでそれは不可能でした」と嘆き、以下のようにも語っている。

「10位どころか、12位以内でもフィニッシュできないことに苛立っています。我々が本来すべきレースとは程遠いものであることが、とても残念です。2週間前(メキシコGP)には、トップ10入りに向けて戦っていたというのに……。決勝までに変えられることには限度がありますし、大きな状況の変化は期待できません。それでも、全力を尽くしていきます」
  非常に苦しく、もどかしい状態であることが伝わってくるが、アルファタウリのチーフ・レースエンジニアのジョナサン・エッドルスは「ユウキは車が滑る状況に苦しみ続けている。我々は、彼がなぜこれほど苦労しているのか理解する必要がある」と課題を挙げている。

 また、チームはSNSで「我々はポイント獲得を果たせる良いポジションにつけている」と決勝に向けて期待を寄せているが、10位でフィニッシュしたピエール・ガスリーはともかく、角田の問題を決勝までに解決できるか、要注目である。

 海外メディアの報道を見ると、ブラジルのF1専門サイト『F1MANIA』は「ツノダはスプリントで幾つかの車をオーバーテイクしてみせたが、彼はインテルラゴスでのパフォーマンスに全く満足していない」として、前述の彼のコメントを紹介した。 一方、オランダのF1専門サイト『GRAND PRIX RADIO』は「スプリントの後、ガスリーは喜び、ツノダは戸惑う」と両ドライバーの好対照ぶりを強調。日本人ドライバーについては「初日のセッティングが不十分であり、その後のレースもうまくいかなかった。彼は日曜日が長い1日になると予想している」と、決勝での苦戦を予想する。

 最後に、イタリアの自動車専門サイト『MOTORIONLINE』は、「19番手からのスタートでポジションを上げたものの、ユウキの苦労はスプリントでも続いている。彼はグリップ不足に苦しんでおり、10位でフィニッシュしたチームメイトと比べて、大きな違いを示している」と報じた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】仲を深める“角田裕毅&ガスリー”に「予想だにしなかった友情」と海外メディアも注目! 「ファンも夢中」「歴史に刻まれる」

【関連記事】英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー、ルクレールらの評価は?

【関連記事】「予選は散々、決勝は見た目より良し」 ベルギーGP、角田裕毅への各国メディアの採点&評価は!?