現地時間11月14日、NBAがシーズン第4週の週間最優秀選手を発表し、イースタン・カンファレンスからフィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビード、ウエスタン・カンファレンスからゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが選出された。

 11月7日から13日の期間中、4試合に出場したエンビードはリーグ最多の平均40.0点(フィールドゴール成功率54.3%)、11.0リバウンド、5.3アシスト、2.75ブロックをマーク。3勝1敗を記録したチームを牽引し、今季初、通算8回目の週間MVPに輝いた。

 前週に3試合を欠場したエンビードは、7日のフェニックス・サンズ戦で33得点、10リバウンドをあげて復帰戦を飾ると、12、13日の連戦で爆発。12日のアトランタ・ホークス戦で42得点、10リバウンド、6アシスト、13日のユタ・ジャズ戦では今季リーグ最多かつキャリアハイの59得点、11リバウンド、8アシスト、7ブロックの超絶パフォーマンスを披露した。

 なお、ブロックが公式記録となった1973−74シーズン以降のNBAにおいて、4試合のスパンで平均40点、10リバウンド、5アシスト、2ブロック以上を記録したのはマイケル・ジョーダンに次いで今回のエンビードが初だ。
  ウォリアーズの2勝1敗に貢献したカリーは、3試合で平均38.0点(フィールドゴール成功率64.1%、3ポイント成功率50.0%)、6.0リバウンド、5.7アシストを記録。こちらも今季初、通算18回目の受賞となった

 昨季ファイナルMVPは、チームが勝利をあげた2試合で殊勲の働きを披露。7日のサクラメント・キングス戦で7本の3ポイントを含む今季自己最多の47得点をあげると、11日のクリーブランド・キャバリアーズ戦でも3ポイント6本を含む40得点を奪取。34歳242日での2戦連続40点超えは、2002年(1月24日、26日)に当時ワシントン・ウィザーズのマイケル・ジョーダンが達成した38歳343日以来の年長記録となった。

 今季のカリーは開幕から好調が続き、ここまで自己最高に迫る平均31.5点をはじめ、同最高の6.6リバウンド、フィールドゴール成功率52.3%を記録。6勝8敗と苦しむチームを力強く牽引している。

構成●ダンクシュート編集部