現地時間11月17日、メジャーリーグのMVPが発表され、アメリカン・リーグはアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)、ナショナル・リーグはポール・ゴールドシュミット(セントルイス・カーディナルス)が、それぞれキャリア初の栄冠を勝ち取った。

 毎年のように物議を醸す同発表において、やはり大きな注目を集めていたのは、ア・リーグだった。リーグ記録を61年ぶりに更新する62本塁打を放ったジャッジと、史上初となる「シーズン30本塁打&2桁勝利」「投打ダブル規定到達」をやってのけた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)による“一騎打ち”は、数か月も前から小さくない論争を巻き起こしていたからだ。

 はたして勝負を制したのは、“マンハッタンの怪物スラッガー”となったわけだが、この結果自体は何ら不思議ではない。本塁打数だけでなく、打率.311、131打点、OPS1.111というハイアベレージをマークしたジャッジは、WAR(打撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標)でも大谷(9.6)を凌駕する10.6を記録。文句のつけようのないシーズンを送っていた。

 しかし、発表後に議論となったのは、1位票の差だ。
  全米野球記者協会で厳選された30人の記者たちによる投票で決まるMVPにおいてジャッジは「28」もの1位票を獲得。大谷は2票を集めるに留まったのだが、二刀流戦士に投じたのが、エンジェルスの地元ロサンゼルスで活動する記者たちだけだったのだ。

 この「一方的」とも言える投票内容に一部の識者からは異論が唱えられた。エンジェルス専門メディア『Angels Win』などで執筆するタイラー・ブレイク・ウォード氏は「ショウヘイ・オオタニは史上最高のシーズンを過ごしたのにこういう結果で何も賞を得られないなんて本当に残念でならない」と指摘。さらにMLBのアナリストでもあるマイク・ペトリエッロ氏は、次のように嘆いている。

「オオタニがふさわしい1位票を集めたのは本当に良いことだと思う。ただ、それをしたのがLAの人たちだけだったのはとてもイライラするね。我々は永遠に“その”議論をしなければならない」

 結果的にはジャッジが大谷に“圧勝”する形となった今季のア・リーグMVP。その内容は、しばらく波紋を広げそうである。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「匹敵するのは別世界の選手だけ」米記者が大谷翔平をア・リーグMVPに太鼓判! 圧巻の二刀流を「見たことない」と再敬礼

【関連記事】大谷翔平に圧勝したジャッジの“MVP受賞”。「簡単に上回った」怪物の選出に驚きの声も「オオタニとの差はあまりに大きかった」

【関連記事】大谷翔平が花巻東高時代に続けたルーティンワークに脚光! 米メディアが「驚くべき日課」と称えた“所作”とは?