南米球界での乱闘騒動に驚きの声が広がっている。

 話題の発端となったのは、現地時間11月19日にベネズエラで行なわれたウインターリーグはティブロネス・ラ・グアイラ対カリベ・デ・アンソアテギでの一幕だ。3対3で迎えた8回にグアイラの主砲カルロス・カストロがこの日3本目の勝ち越しソロアーチを放った際に、それは起きた。

 試合を決定付ける一打を放ったカストロは、打った直後に勝ち誇った表情を浮かべると、相手ベンチに目配せをしてから手にしていたバットをポーンと投げ捨てる。この振る舞いを目にし、一塁を守っていた敵野手アズドルバル・カブレラがヒートアップ。カストロが一塁ベースを周ったところで、なんとラリアットをお見舞いしたのである。

 丸太のような腕をしならせた元メジャーリーガーのプロレスのような強烈な一発。これがまさに“ゴング”となって、両軍ベンチから選手が殺到。互いに入り乱れる乱闘騒動に展開した。

 ラリアットを浴びた直後にその場に倒れ込んだカストロだったが、現地メディアなどによれば、事態が収まったあとに無事にベースを一周。グアイラも6対4で試合には勝利している。
  もっとも、試合結果以上に大きな話題となったのは、カブレラの振る舞いだ。2007年から約14年間にわたってクリーブランド・ガーディアンズやワシントン・ナショナルズなどでプレーしていた37歳の怒りに身を任せた行為には、海外メディアでも驚きの声が上がっている。

 米放送局『ESPN』は「カブレラの顔面への危険極まりない一発だ」と紹介。また、日夜、各国の野球情報を発信している米メディア『Barstool Sports』は「カブレラは地獄のようなラリアットを相手打者に見舞った」と銘打った記事を打ち、そのなかで次のように記した。

「このタイトルは決して冗談じゃない! カブレラのそれは、まさに元WWE(米プロレス団体)戦士のJBLが放つクローズラインのような一撃だったんだ。相手からすればたまったもんじゃないだろう。ただ、37歳のベテランはカストロの礼儀を欠いた振る舞いを見て、己の腕っぷしでもって秩序をもたらそうとしたのだろう」

 MLB時代から気性の荒さを知られていたカブレラ。37歳となっても彼の闘争心は薄れていないようだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「あらゆる意味でレジェンドだ」大谷翔平が敵選手に贈った“お宝プレゼント”に反響止まず!米識者は「今年のお気に入りの話」と感激

【関連記事】大谷翔平が「地球上で最高の選手」だったからこそのMVP。ジャッジが漏らした言葉に感じたヤ軍主砲の“本音”

【関連記事】大谷翔平が花巻東高時代に続けたルーティンワークに脚光! 米メディアが「驚くべき日課」と称えた“所作”とは?