現地時間11月20日、ロサンゼルス・レイカーズは本拠地クリプトドットコム・アリーナでサンアントニオ・スパーズと激突。123−92と大差で完勝し、今季成績を5勝10敗(勝率33.3%)とした。

 試合は第1クォーターからレイカーズが34−20とスパーズを圧倒。大黒柱レブロン・ジェームズが不在のなか、アンソニー・デイビスが30得点、18リバウンドを叩き出すなどインサイドを制圧し、一度も主導権を譲らず。最大34点差をつける横綱相撲で、今季初の3連勝を飾った。

 レイカーズは殊勲の働きを見せたデイビスのほか、オースティン・リーブスが21得点、ロニー・ウォーカー四世も14得点をマーク。さらに控え選手が4人も2桁得点をあげるなど、ベンチスコアで53−34とスパーズを圧倒した。
  そのセカンドユニットを牽引したのが、ベンチ起用に配置転換されてから効果的なパフォーマンスを披露し続けているラッセル・ウエストブルックだ。この日も途中出場からエネルギッシュなプレーを見せ、10得点(フィールドゴール4/9、3ポイント2/5)を記録したほか、ゲームハイとなる10アシストをマーク。トーマス・ブライアント(15得点)、ケンドリック・ナン(13得点)、デニス・シュルーダー(13得点)らの力を見事に引き出してみせた。

 この3連勝を飾った期間、平均11.3アシストを配給し控え選手たちを束ねているウエストブルック。試合後、自身が現在になっている“セカンドユニットのリーダー”という役割について問われたスターPG(ポイントガード)は、こう答えた。

「正直、どのユニットだろうと関係ない。俺は自分の能力をよく知っているからこそ、チームメイトたちを向上させることができる。それがこのリーグで長い間やってきたことだ。自分の能力を最大限に発揮し続けることが、チームのためになることを願っている」

 3連勝を飾ったとはいえ、現在のレイカーズはウエスタン・カンファレンス13位。ここから着実に順位を上げていくべく、ウエストブルックのさらなるハイパフォーマンスに期待したい。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!