現地時間11月20日、バレーボールのイタリアリーグ・セリエAで2022-23シーズン前半第8節が行なわれ、男子日本代表の石川祐希が所属するパワーバレー・ミラノがブルーエナジー・ピアチェンツァとホームで対戦。セットカウント2−3(18-25、25-21、25-23、22-25、13-15)でフルセットの末に惜しくも敗れた。

 ミラノは石川の大きな活躍で高橋藍が所属するパドヴァとの前節に逆転勝利し暫定7位。この日の相手、勝点で並ぶ8位ピアチェンツァは、フランス代表を東京五輪金メダルへ導いた司令塔アントワヌ・ブリザールに、ブラジル代表のアウトサイドヒッター(OH)リカルド・ルカレッリ・サントス・デソウサとイオアンディ・レアル、キューバ代表のミドルブロッカー(MB)ロベルトランディ・シモンや世界選手権の優勝メンバー、イタリア代表オポジット(OP)のユーリ・ロマノらを加え大幅にパワーアップした侮れない相手だ。

【動画】石川祐希が最多19点を奪い奮闘したピアチェンツァ戦をチェック 12月末から始まるコッパ・イタリアの出場枠が前半戦で8位以内のため、勝点を積み上げたいミラノだが、当日の練習でフィジカルに問題が発生したMBアグスティン・ロセル(アルゼンチン)が急きょ欠場。マッテオ・ピアノ(イタリア)もコンディション不良のため、ミドルは同胞マルコ・ヴィテッロ1枚でのメンバー編成を余儀なくされた。石川はその難しい試合を託され先発フル出場した。

 序盤からビハインドを徐々に広げられ第1セットを落としたミラノは、第2セット開始と同時にブロックでロマノをシャットアウトした石川が、パドヴァ戦で絶好調だったサーブでチームをけん引する。エースに続き、自らバックアタックを決めて2連続ブレークでチームを波に乗せると、さらに、ブロックを巧みに利用した攻撃やロングラリーでの好守で追加点に貢献。ミラノは一度もリードを譲ることなく、セットを取り返した。

 第3セット序盤、相手が詰め寄る度に石川が献身的なプレーでリードを死守する。ディグでラリーに持ち込み絶好の2段トスを配球したかと思えば、安定感が抜群のレセプションでサイドアウトを演出。後半の拮抗した展開では、シモンのブロックを吹き飛ばすなど攻撃でも奮闘する石川に応え、ミラノは3選手がアタック、サーブとブロックを立て続けに決めてピンチを乗り切り勝利に王手をかけた。
  ところが、第4セットでは早々に劣勢を強いられ終始追いかける展開のまま、ビハインドは最大5点に広がる。ピアチェンツァは守備に苦戦する石川のサーブで再びエースが飛び出すと、3点のリードがありながら警戒を露わにタイムアウト。背番号14はそれをものともせず、圧巻の連続エースをお見舞いする。最終局面で1点差まで追い上げたミラノだったが、あと一歩及ばずフルセットへ持ち込まれた。

 勝敗の行方を握る最終セットでなんと石川のサーブが再び炸裂する。エース1本を含む2連続ブレークでリードを奪い取ると、流れを切りたい相手ベンチがここでもタイムアウト。だが、その威力と精度は乱れることなくさらに連続で追加点を引き出す。リード5点で勝利目前の終盤、疲れからかミラノに失点が出始めたのを見逃さなかったピアチェンツァは、ルカレッリのエースを皮切りに猛反撃を開始。勢いに押されたミラノは、石川の打球がビデオ判定によりアウトになると、続いてOPジャン・パトリー(フランス)がブロックに捕まり、マッチポイントでシモンにエースを決められて悔いが残る黒星となった。
  石川は試合2位のチーム最多19得点(アタック14、ブロック1、エース4)を挙げ、今シーズン調子を上げているサーブでイタリア通算エース150本を記録した。

 現地解説者の元イタリア代表ジョルジョ・ゴルドーニ氏は、相手を翻弄する石川のサーブを「恐怖の稲妻サーブ!」と呼んで称賛し、コートエンドからの難しい2段トスを3枚ブロックの外側から叩き込んだ場面では、「お見事!」「絢爛華麗」「なんとハイクラスなテクニック」と大絶賛。厳しいチームコンディションのなか、MVP(マン・オブ・ザ・マッチ)に値するパフォーマンスで3,318人の観客を大いに沸かせた“イシカワ”が、前半残り3試合へ向けチームを奮い立たせてくれることだろう。

 勝利していれば5位浮上の見込みだったミラノは、勝点1に留まり順位を1つ落として暫定8位。日本時間11月27日午前2時開始予定の第9節で、世界選手権を制したイタリア代表4名を擁する2位イタス・トレンティーノとのアウェー戦に挑む。

構成●THE DIGEST編集部
【画像】「いい表情してるわーーっ」と話題!狩野さんのレコーディング風景をチェック

【関連画像】「どんだけ脚長いんですか?」狩野舞子が公開した大人の“レースコーデ”はこちら!

【関連画像】「爆裂に可愛い!」狩野舞子が公開した貴重な“ポニテ×メガネ”姿はこちら!