2022年F1最終戦となるアブダビ・グランプリは11月20日に決勝が行なわれ、アルファタウリの角田裕毅は11位でフィニッシュした。

【動画】ランキング2位を懸けた熾烈な争い! 逃げるルクレール、追うペレス 予選では12番手(繰り上げでスターティンググリッドが11番手)で満足し、昨季は表彰台まであと一歩の4位入賞を飾った相性の良いコースで「また何か良いことが起これば」と期待を寄せた角田は、ミディアムタイヤを履いてのスタートからポジションを落とすことなく、ハードに替えた第2スティントではポイント圏内を走行する。

 2回目のピットインでソフトに替えた後、最終スティントでは14番手からの追い上げを図ったが、このレースで16年間のF1キャリアに終止符を打つ4度の世界王者セバスティアン・ヴェッテル(アストンマーティン)を追い抜くためにはタイヤがもたず、3戦ぶりの入賞はならなかった。

 結果、今季の角田のドライバーズランキングは12ポイントで17位。そしてピエール・ガスリーも14位でポイント獲得がならなかったアルファタウリは8位ハースとの2点差を詰められず、35ポイントで2018年以来となるコンストラクターズランキング9位に終わった。ちなみに昨季は、角田が32ポイントで14位、チームは142ポイントで6位(2020年は107ポイントで7位、2019年は85ポイントで6位)ということで、いかに今季が同チームにとって苦しいものだったかが窺える。

 最終戦を終えた角田は、チームの公式サイトを通して、「今日はやれることは全てやりました。その意味では、満足しなければいけません。残念ながら、タイヤが最後にダメになったことでペースをキープできず、ポイント圏内に上がれませんでした。チームにとっては、タフな1年になりました」と、アブダビのレースと今季を振り返るとともに、2023年よりアルピーヌに移籍するチームメイトに感謝の意を表した。

「ポジティブな面としては、とりわけピエールから多くのことを学ぶことできました。2年以上、彼と一緒に活動できたことを嬉しく思います。そして、彼が僕やチームのためにしてくれた全てのことに対し、ありがとうと言いたいです」
  アルファタウリは、SNSに「タフなシーズンの終わり方となったが、ドライバーたちは彼らの努力を誇っていい」と投稿し、テクニカルディレクターのジョディ・エッギントンは、「ユウキは堅実で安定したレースを見せ、ポイントを得られる10位に入るために戦った。残念ながら予定より早くソフトタイヤに交換しなければならなかったが、このタイヤではトップ10フィニッシュのために上位勢にプレッシャーをかけ続けるには、十分ではなかった」とのコメントを残した。
  今季、マックス・フェルスタッペンの2連覇とチームのチャンピオンシップ制覇という2つの目標を果たした姉妹チーム、レッドブルの公式サイトは、角田の今季最終レースを「密かに12か月前に同じコースで成し遂げた4位入賞という自己最高結果の再現を夢見ていたが、58周回の後、ポイント圏内からわずか5秒差の11位という、フラストレーションの溜まるフィニッシュとなった」と伝え、さらに「F1では唯一のチームメイトだったガスリーとのパートナーシップの終焉が、角田に複雑な感情を引き起こさせた」とも綴っている。

 一方、イタリアの自動車専門サイト『MOTORIONLINE』は、「角田はシーズン最終戦を11位で終えた。ポイントを獲得しようと試みた日本人ドライバーは、2位争いを優先したテレビカメラからは無視されるも、アレックス・アルボン(ウィリアムズ)とジョウ・グァンユ(アルファロメオ)との三つ巴の戦いを展開。こうして、ガスリーを上回ってF1での2年目に幕を閉じた角田は、チームメイトからバトンを受け取り、来季はニック・デ・フリースを隣にして、チームをリードすることになる」と報じた。

 角田の来季のパートナーとなる実績十分のオランダ人ドライバーは、アブダビでヤングドライバーズテストに参加するが、これはフリー走行で乗ったメルセデス、アストンマーティン、ウィリアムズ(モンツァで予選とレースに参加して9位入賞)、テストに参加したアルピーヌに続いて、今季5チーム目での走行になるという。

 一方、角田はオフの過ごし方について、アブダビGP開幕前の合同会見で「日本には戻りますが、おそらく昨年と同じぐらい短い期間になると思います。そして欧州に戻り、昨年同様にトレーニングに励みます。休暇に長く時間を費やすつもりはありません。さもないと、本当に太ってしまうので」と明かしている。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】仲を深める“角田裕毅&ガスリー”に「予想だにしなかった友情」と海外メディアも注目! 「ファンも夢中」「歴史に刻まれる」

【関連記事】英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー、ルクレールらの評価は?

【関連記事】「予選は散々、決勝は見た目より良し」 ベルギーGP、角田裕毅への各国メディアの採点&評価は