カタール・ワールドカップ(W杯)の日本代表とスペイン代表一戦で際どいジャッジが下され、物議を醸している。

 現地時間12月1日に行なわれたグループEの最終戦。ともに決勝トーナメント進出を懸けた大一番は11分にアルバロ・モラタのヘディング弾でスペインが先制。しかし、48分に堂安律の強烈な一撃で日本が同点に追いつくと、その直後にサムライブルーは再びゴールネットを揺らす。

 51分、堂安のクロスを敵エリア内の左から三笘薫がゴールラインぎりぎりで目いっぱいに足を伸ばしゴール前に折り返すと、これを田中碧が頭で合わせた。

【動画】「W杯史上最も議論を呼んだ」物議を醸すVAR判定の瞬間をチェック

 日本は最後までこの1点リードを守りきり、2-1で勝利。史上初となる2大会連続での決勝トーナメント進出を決めた。だが、列島を歓喜させた決勝点には疑問の声が絶えない。米メディア『SB Nation』は「日本の勝利は、ワールドカップ史上最も議論を呼んだプレーでもたらされた」と言及。「ミトマがクロスに上げる前にボールはアウトになっていたと審判が判定。リプレーでアウトに見えたがVARが判定を覆し、日本に決定的なゴールをもたらした」と評したうえで、こう続けた。
 「ボールがインだったか、アウトだったか? それは見る角度によって異なる。ルール上、ボール全体が完全に出ていなければアウトとはならない。VARはボールの一部が線にかかっていたと判断し、長時間の検証の結果、日本のゴールを認めた」

 そして同メディアは「この判定に放送では唖然とした様子だった」と、試合を中継していた米放送局『FOX Soccer』の解説陣が騒然となっていたことを伝えた。

 結果的にVARの導入により、ボールの側面が僅かにラインにかかっていたと判断された得点シーン。見方を変えれば、三笘の気迫のアシストが生んだ決勝弾であったとも評価できるか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「完全に線を越えている」田中碧の殊勲弾が海外メディアで波紋! 元英代表DFは「正しくない」とVARを批判!【W杯】

【関連記事】「ラインの内側だったのか?」スペイン撃破のVAR判定弾に、海外では“誤審”の声が殺到!「VARによる重大な失態」とも【W杯】

【関連記事】「信じられない! 同じ日本と認識できない」森保ジャパンのスペイン撃破に世界も衝撃! 英放送局は「モリヤスは戦術の天才だ」【W杯】