日本代表は残念ながら決勝トーナメント1回戦でクロアチアに敗れたものの、いまだ各国が熱戦を繰り広げているFIFAワールドカップカタール2022。そうしたなか、米メディア『Fadeaway World』が11月30日、“NBA版サッカーチーム”を公開した。

 当然、選ばれた選手たちはバスケットボールプレーヤーであるため、バスケの実力をサッカーに当てはめた“お遊び企画”ではあるが、同メディアは「このチームならブラジルやフランスも倒せるかもしれない」と自信を覗かせる。それでは、選出された11人の精鋭たちを見ていこう。(以降チーム名はフランチャイズ部分を省略)

■『Fadeaway World』が選出した“NBA版サッカーチーム”

【フォワード】
ステフィン・カリー(ウォリアーズ)
レブロン・ジェームズ(レイカーズ)
ラッセル・ウエストブルック(レイカーズ)

【ミッドフィルダー】
ジャ・モラント(グリズリーズ)
ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)
ジミー・バトラー(ヒート)
ディアロン・フォックス(キングス)

【ディフェンダー】
ケビン・デュラント(ネッツ)
ヤニス・アデトクンボ(バックス)
ジェイソン・テイタム(セルティックス)

【ゴールキーパー】
ルディ・ゴベア(ウルブズ)
  ドンチッチはスロベニア、ゴベアはフランス、ヤニスもギリシャと国籍が統一されていない点はさておき、豪華なメンバーがセレクトされた。ではそれぞれが選出された理由を見ていきたい。

 恵まれたサイズとウイングスパンを持ち、3度最優秀守備選手賞に輝いたゴベアが守護神役のキーパーに選ばれたのはイメージ通り。ディフェンダーにはスタミナ、サイズ、パワー、身体能力を選考基準に、こちらも最優秀守備選手賞を獲得した経験があるヤニスをセンターバックとして、サイドバックにはデュラント、テイタムがチョイスされた。

 攻撃的ミッドフィルダーには、高いバスケIQとパスセンスでリーグ屈指のプレーメーカーとして君臨し、自らも得点できるドンチッチを選出。無尽蔵のスタミナでコートを駆け回り、オフェンスだけでなくディフェンスや汚れ仕事にも従事できるバトラーを守備的ミッドフィルダーに配置した。サイドを駆け上がるのは、リーグが誇るスピードスターのモラントとフォックスだ。
  エースストライカーはやはりレブロン。206cm・113kgの体格に強靭なフィジカル、スピード、跳躍力を備え、アタッカーとしての素質は十分。さらにリーダーシップも備えており、チームの絶対的な柱として君臨する。カリーはサイズ不足だが、スキルと頭脳、そしてゴールへの抜群の嗅覚でレブロンをサポート。トランジションプレーを得意とするウエストブルックは、カウンターアタックで相手の脅威となりそうだ。

 最後に、監督を務めるのは、先日ネッツの指揮官を解任されたスティーブ・ナッシュ。サッカー経験が豊富で、ワールドカップの会場へ足を運んだこともある大のサッカーファンだ。

 この記事について、NBAファンは「(開催国の)カタールの代表チームの方がマシ」「俺なら(ジョエル)エンビード(シクサーズ)をゴールキーパーに入れる」「違う!レブロンとモラントのポジションを変えろ!」「レブロンはゴールキーパーだな。走り回るには年を取りすぎている」などと反応。なかには「ルディ、バトラー、ヤニスしかディフェンダーがいないじゃないか……。このチームだとやられるだろうな」といった声も挙がっている。
  もし国籍を統一し、アメリカ出身選手のみのチームにするなら、ドンチッチをトレイ・ヤング(ホークス)、アデトクンボをアンソニー・デイビス(レイカーズ)、ゴベアをバム・アデバヨ(ヒート)にするという選択肢もあるだろう。

 また、ディフェンダーの3人は高さと長さ、身体能力があるとはいえ、アデトクンボを除くとどちらかと言うとオフェンシブな選手。そのため、ペリメーターディフェンダーかつタフガイとして知られるミカル・ブリッジズ(サンズ)、あるいはガードながら屈強な肉体を持ち、複数ポジションをガードできるマーカス・スマート(セルティックス)やドリュー・ホリデー(バックス)、もしくは相手チームへ脅威を与える布陣としてドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ)やパトリック・ベバリー(レイカーズ)を入れると恐ろしいことになりそうだ。

 NBAには世界中から最高級の身体能力を誇るアスリートたちが集結しているが、サッカーのワールドカップも同様に、超人的な能力を有する選手がフィールドで競演している。それだけに、バスケットボールとサッカーによる“クロスオーバーマッチ”を想像するのも面白いだろう。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!