現地時間12月5日に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で、日本代表はクロアチア代表と対戦。PK戦の末に敗れ、ベスト16で敗退した。

【動画】クロアチアから先制ゴール!前田大然の気迫あふれるプレーをチェック

 日本は43分に前田大然のゴールで先制点を奪うも、後半に入り55分にイバン・ペリシッチに同点ゴールを許す。その後、両チームにチャンスはあったものの得点に繋がらず、延長戦に突入。しかし、それでも決着がつかず、PK戦となった。

 先攻となった日本は、1番手の南野拓実、2番手の三笘薫が立て続けにGKドミニク・リバコビッチの好セーブに阻まれる。続く3番手の浅野拓磨がようやくネットを揺らすも、4番手の吉田麻也も止められてしまい、PKスコア1-3で痛恨の敗戦を喫した。

 惜しくも史上初のベスト8進出は果たせなかった。だが、今大会でドイツ、スペインを下し「ドーハの歓喜」を巻き起こした森保ジャパンには、各国から賛辞が贈られた。

 英紙『I』などに寄稿するダニエル・オースティン氏は、自身のツイッターで「日本が好きになった。そんな好感の持てるチーム」とサムライブルーを称賛し、続けて「日本が帰国するのは本当に残念だ。このカタール大会では、魅力的で才能のあるプレーヤーたちが最高の瞬間を与えてくれた」とコメント。一方でベスト8に勝ち進んだクロアチアのサッカーは「本当に見ていて退屈だ」と皮肉を込めた。
  また、米スポーツ専門局『ESPN』でジャーナリストを務めるアリエル・ヘルワニ氏は、日本の敗戦を「とても悲しい。日本代表にとって、あまりにも残酷だっただろう。それでも、このW杯で彼らのプレーを見るのは本当に楽しかった」と伝えている。

 今大会では、世界も驚くほどの快進撃を見せた日本。4年後のW杯(カナダ・メキシコ・カナダ共同開催)でのリベンジに期待したい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】日本戦でも話題となったクロアチアの“最も美しいファン”が独紙に激白!相次ぐ批判に「私を気に入っているみたい」【W杯】

【関連記事】「お粗末な日本」クロアチアに敗れて8強入りならず。森保Jに海外メディアは酷評も「なんと不公平だ」【W杯】

【関連記事】「本当に酷い」“妖精”ストイコビッチが人種差別発言!? 味方のゴールに興奮して「暴言」を吐き捨てた映像が波紋【W杯】