カタール・ワールドカップによる中断期間を経て、再開したプレミアリーグにおいて、ブライトンの三笘薫は好調を維持している。

 第17節サウサンプトン戦では持ち前の積極的な仕掛けで相手守備陣を翻弄し、首位チームとの対戦となった18節アーセナル戦ではひとつがVARによるオフサイド判定で無効となったものの、2度も素晴らしい技術で難敵のゴールネットを揺らしている。

 さらに現地時間1月3日に行なわれた第19節のエバートン戦では、華麗なファーストタッチと素早いドリブルで相手DFを翻弄し、右足で冷静にフィニッシュ。2試合連続となるゴールを決めた。

 ブライトンの地元紙『The Argus』は、アーセナル戦での三笘のパフォーマンスについて「スピーディーなプレーで左サイドを活性化させるという役割を十分に果たした。自身2点目のゴールが無効にされたのはアンラッキーだった。アーセナルに多くの問題を引き起こした」と賛辞を並べ、10点満点の採点でチーム単独最高の「8」を与えた。
  また同メディアは、この2-4で落とした試合でのブライトンについて、長年のファンたちがいかに評価したかを、対談形式で紹介。

 まず、チームのパフォーマンスに対しては「残念ながら、多くの選手が通常のレベル以下でプレーしており、失点は全て個人のミスによるものだった」「欠場している選手、そして相手のクオリティーを考えれば、よく頑張ったと思う。互角の戦いぶりであり、もう少し運が良ければ勝点も獲得できていたかもしれない」「好プレーとミスが混在していた」と、様々な意見が寄せられた。

 そして、ブライトンの中で最も優れていた選手を訊かれると、「真に優れた選手はいなかったと思うが、ミトマはゴールを決め、後半は非常に良かった」「ビリー・ギルモアが、とりわけ後半は良かった。言うまでもなく、三苫も後半は良かったが、前半は非常に静かだった」「モイセス・カイセドとアレクシス・マク・アリステルが欠場した試合において、三笘は別格だった」と、多くのファンが日本人選手に言及。また、以下のような称賛コメントも紹介されている。

「三笘に違いない。彼はプレミアリーグの選手として本当に成長しており、見ていて本当にエキサイティングだ。そして、多くの日本のファンがアメックス・スタジアムに足を運び、彼のプレーを直に観戦しているのを見るのは、非常に素晴らしいことだ」 このように、今季加入してすでに現地ファンから高い評価と信頼を得ている三笘。それは地元メディアも同様であり、『Sussex Live』は19節エバートン戦のスタメンを予想する記事の中で、当然ながらこの25歳の背番号22も選出し、その理由として「最近の試合では非常に印象的なプレーを見せており、“魔法の瞬間”で試合の流れを変えることができる選手だ」と、賛辞を綴った。

 その期待に応えるようにエバートン戦で2試合連続となるゴールを決め、躍動した三笘には、識者からも賛辞が送られている。英衛星放送『Sky Sports』の解説者を務めている、元アーセナルのケビン・キャンベル氏は「本当に素晴らしいゴールだ。ミトマは間違いなくブライトンのベストプレイヤーだね」とコメントし、次のように絶賛し続けた。
 「エバートンは彼にうまく対処できていなかった。ブライトンの方が優れていたのは確かだが、そのなかでミトマが様々な問題を引き起こしている。(対峙する)パターソンは彼を抑えることができていない。ピッチ上で最も危険な選手であり、彼はエバートンを苦しめ続けた」

 アーセナル戦の後、自身のSNSに、アシストしたパスカル・グロスとゴールを祝福する場面の写真を公開するとともに「2022→2023 応援ありがとうございました。今年も宜しくお願いします」と投稿した三苫だが、この新たな1年で、彼はさらに多くの人々を魅了することになりそうである。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「なんて選手なんだ!」華麗な2試合連続弾を決めた三笘薫に“最高評価”を与えた地元紙も大絶賛「対応するのは悪夢だ」

【関連記事】「アーセナルは彼を制御できなかった」W杯からの“復帰戦”で鮮烈弾の三笘薫に海外メディアも賛辞!「VARが希望を砕いた」

【関連記事】「日本人はおかしい」――ジェフ時代に育成にも響いた指導者・オシムの凄み。日本サッカー界が忘れてはならない姿勢