現地時間2月2日、NBAは19日にユタ州ソルトレイクシティで開催される「NBAオールスターゲーム2023」に出場するリザーブメンバーを発表した。

 各チームのヘッドコーチ(HC)たちの投票によって、イースタン、ウエスタンの両カンファレンスからそれぞれ7名、計14名が選ばれた。一方で、この結果を受けて毎年恒例の“落選組”の話題も白熱している。

 イーストでは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズで平均21.4点、6.4リバウンド、11.0アシストの成績を残すジェームズ・ハーデン、ニューヨーク・ニックス加入1年目で平均22.8点、6.2アシストと躍動するジェイレン・ブランソン、トロント・ラプターズで平均24.9点、8.0リバウンド、6.2アシストと多彩な活躍を見せるパスカル・シアカム、マイアミ・ヒートで平均21.7点、5.9リバウンド、4.9アシストにリーグトップの2.13スティールをマークしているジミー・バトラーが落選。

 ハーデンとバトラーは故障による15試合以上の欠場、シアカムはチームがイースト12位の23勝30敗(勝率43.4%)と低迷している点で得票数が伸びなかったのかもしれない。

 イースト7位の28勝25敗(同52.8%)と奮闘するニックスのブランソンは、初選出を飾ったインディアナ・ペイサーズのタイリース・ハリバートンに敗れた格好となった。
  そんななか、シクサーズのジョエル・エンビードは相棒のハーデンの落選に納得がいっていないようだ。発表があった直後、自身のTwitterで「NBAよ、説明が必要だ」と投稿し、チームメイトが選ばれるべきだったと暗に主張している。

 ウエストではシェイ・ギルジャス・アレキサンダー(オクラホマシティ・サンダー)、ジャレン・ジャクソンJr.(メンフィス・グリズリーズ)、ラウリー・マルッカネン(ユタ・ジャズ)が初のオールスター入りを果たした一方、ポール・ジョージ(ロサンゼルス・クリッパーズ)の選出に疑問の声が上がっている。

 これまで7度のオールスター出場経験があるジョージは、今季平均23.1点、6.1リバウンド、5.3アシスト、1.53スティールをあげ、チームも29勝26敗(同52.7%)でウエスト5位につけているが、ケガで38試合の出場にとどまっている。『The Ringer』のケビン・オコナー記者は「どうしてコーチたちがディアロン・フォックス、あるいはアンソニー・エドワーズを差し置いて、オールスターのリザーブ枠にポール・ジョージを選んだのか理解できない。フォックスとエドワーズはいい数字を残しているし、彼らはそれぞれのチームの原動力になっている」と指摘。

 ウエスト3位の29勝21敗(同58.0%)を記録するキングスからは、ドマンタス・サボニスが選ばれている一方で、47試合の出場でチームトップの平均24.3点、6.1アシストにフィールドゴール成功率50.6%と、自己最高のシーズンを送るフォックスが落選。

 また、28勝26敗(同51.9%)でウエスト6位にいるウルブズで全試合にフル出場し、チーム最多の平均24.9点に6.1リバウンド、4.6アシスト、1.70スティールを残すエドワーズも選ばれなかった。
  そのほかでは、36勝16敗(同69.2%)でウエスト首位にいるデンバー・ナゲッツは、スターター枠で選ばれたニコラ・ヨキッチ以外の選出は皆無。特に平均16.8点、6.8リバウンド、FG成功率57.7%と自己最高級のシーズンを送っているアーロン・ゴードンの落選に、マイケル・マローンHCは驚きを隠さず。各球団の指揮官が彼を本戦へ送り込まなかったことを“茶番”と批判していた。

 ともあれ、今回の発表をもって今年のオールスターに出場するキャプテン、スターター、リザーブの全選手が決定(故障欠場による代替選出の可能性はあるが…)。

 リザーブに選ばれた選手たちは下記の通りだ。

■イースタン・カンファレンス
バム・アデバヨ(ヒート/3年ぶり2回目)
ジェイレン・ブラウン(セルティックス/2年ぶり2回目)
デマー・デローザン(ブルズ/2年連続6回目)
ジョエル・エンビード(シクサーズ/6年連続6回目)
タイリース・ハリバートン(ペイサーズ/初)
ドリュー・ホリデー(バックス/10年ぶり2回目)
ジュリアス・ランドル(ニックス/2年ぶり2回目)

■ウエスタン・カンファレンス
ポール・ジョージ(クリッパーズ/2年ぶり8回目)
シェイ・ギルジャス・アレキサンダー(サンダー/初)
ジャレン・ジャクソンJr.(グリズリーズ/初)
デイミアン・リラード(ブレイザーズ/2年ぶり7回目)
ラウリー・マルッカネン(ジャズ/初)
ジャ・モラント(グリズリーズ/2年連続2回目)
ドマンタス・サボニス(キングス/2年ぶり3回目)

文●秋山裕之(フリーライター)