ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は3月11日、1次ラウンドプールBの日本代表対チェコ代表が東京ドームにて、19時プレーボールで行なわれている。

 日本の先発・佐々木朗希は初回、先頭の2人を打ち取るも3番のクラップに二塁打を許すと、続く4番のセルベンカはショートゴロに打ち取るも中野拓夢が悪送球。この間にクラップが還り日本は先制を許してしまう。
  日本はチェコ先発サトリアの最速127キロのストレートと緩いチェンジアップやカーブに苦しめられる。1回は三者凡退。2回、1死から吉田正尚がセンター前へ初ヒットを放つと、山田哲人が四球を選び、山川穂高が中前打で満塁のチャンス。だが、サトリアの緩い変化球の前に、あと1本が出ず好機を逸した。

 それでも3回、日本は1死から2番の近藤健介がライトへの二塁打を放ち出塁。大谷翔平は三振を喫するが、4番の村上宗隆が四球の後、5番の吉田がレフト線へ2点タイムリー二塁打を放ち、逆転に成功した。さらに山田哲人もレフト前へタイムリーを放ち3点目を挙げた。

 3回を終わって日本が3-1とリードしている。

構成●THE DIGEST編集部
【WBC PHOTO】侍ジャパンvsチェコ共和国!一瞬を切り取った厳選ショットをお届け!

【画像】WBCに挑む侍ジャパン30名の顔ぶれを厳選PHOTOで一挙紹介!