現地3月20日(日本時間21日)、決勝進出を懸けたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝の日本対メキシコが米マイアミのローンデポ・パークで行なわれている。

 メキシコが3対0でリードした5回裏だった。この回、先頭打者の岡本和真がバッターボックスに入り、パトリック・サンドバルが投じた2球目のチェンジアップをレフトへ大きな打球を放った。

 打球はレフトスタンドに入るホームラン!かと思われたが、レフトを守っていたメキシコのランディ・アロサレーナがフェンスギリギリのところで打球をスーパーキャッチ。メキシコファンを中心に球場は大いに沸き、打った岡本は信じられないといった表情。捕球したアロサレーナは仁王立ちしていた。
 『Amazon Prime Video』(プライム・ビデオ)で、この試合の解説を務めている里崎智也氏も「完璧なホームランでしたよね?」と、アロサレーナの超スーパープレーにあ然。同じく解説を務めている福留孝介氏は「メジャーの球場ではよくあります」と冷静にコメントしていた。

 なお、試合は6回を終わって3対0でメキシコが3点をリード。侍ジャパンは3点のビハインドを追っている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「まさに不公平だ」ダルビッシュ有が “異例の”中継ぎ登板!日本の“投手層の厚さ”に米記者は嘆き「馬鹿げてる」【WBC】

【関連記事】「ヌートバーの抗議は正しい!」ダルビッシュ被弾のHRに“たっちゃん”が示した気概をファン絶賛!「動いたことが嬉しい」【WBC】

【関連記事】「睨んだりしちゃダメだ!」背中への死球に怒り心頭のヌートバーを韓国レジェンドが一喝!「メジャーリーガーだろ」【WBC】