現在開催中の男子テニスツアー「ロレックス・パリ・マスターズ」(10月30日〜11月5日/フランス・パリ/インドアハード/ATP1000)で2回戦敗退を喫した世界ランク49位の西岡良仁(28歳)が、試合後に自身のX(旧ツイッター/@yoshihitotennis)を更新し、今季終了を報告した。

 予選2試合を勝ち抜いてパリ本戦入りを果たした西岡は、1回戦でラッキールーザー(本戦欠場者が出たことによる繰り上がり措置)のジョーダン・トンプソン(オーストラリア/世界55位)にフルセットで勝利して2回戦へ進出。だが現地10月31日に行なわれた2回戦ではトップ10プレーヤーのアンドレイ・ルブレフ(ロシア/5位)に4-6、3-6のストレートで敗れ、同大会初の3回戦進出を逃した。
  西岡は試合後に更新したXを通じて「昨日の試合を持って今年は終了となりました」と報告。「木下オープンから痛めた右足もあり、来週も予定はしていましたが今季終了となります。オフシーズンはイベントなどで忙しくなりますが、Yoshi’sカップ(西岡が主宰するジュニアトーナメント)を成功させる為にしっかり動きます! 応援ありがとうございました」と感謝の言葉を交えて全文を締めくくった。

 今季は全豪オープンと全仏オープンのグランドスラム(四大大会)2大会でベスト16入りを果たし、9月の「珠海選手権」(中国・珠海/ハードコート/ATP250)では約1年ぶりにツアー決勝に進出した西岡。6月には世界ランキングでもキャリアハイの24位をマークし、充実のシーズンを送った。

 170センチと小柄ながらも、クレバーかつ粘り強いテニスでファンを魅了し続ける西岡のさらなる活躍に期待は高まるばかりだ。来シーズン、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか注目しよう。

文●中村光佑

【動画】西岡良仁対ルブレフのパリ・マスターズ2回戦ハイライト(2分30秒頃から)

【PHOTO】ジャパンオープン2023、西岡&ズベレフなどスター選手の厳選フォト!!

【PHOTO】西岡良仁、ダニエル太郎らが奮戦! デビスカップ2023「日本対ポーランド」熱闘スナップ集!